ホテル経営が不振な理由

現在のホテル経営が不振な理由を一言で言えば、世界の環境が変わると同時に、ホテルのビジネスモデルも変わったのにも拘らず、それに気付いて修正して行けて無いからなのです。

具体的には、

①ホテルを泊まる為のダダの箱モノと捉えてはいけない。

ホテルはただ泊まるだけでは無く、豪華客船のビジネスモデルのように、ホテル内でも1日中遊べる、お祭りイベントホテルを目指せないとならないのです。

②宿泊稼働率の考え方

宿泊稼働率に頼らぬビジネスモデル転換が必要になります。時間貸しや長期滞在のモデル。

会員制リゾートモデルは赤字では有りません。

一方で分析型、宿泊料変動型のAPAは黒字で上手くやっています。

③宴会、交際、接待

新しい形のイベントを重視し、新たな接待習慣モデルを提供しなければなりません。

④結婚式が減った

反対に沖縄では結婚式場が一杯で人手不足で困っているようです。

結婚式に拘らずに、誕生日会等のスモールパーティー形式へ注力転換すべきなのです。

⑤人件費

社員のマルチタスク化や分散化で人件費を固定費化させないこと、臨機応変な人財活用が重要です。

⑥プライバシー重視

豪華大浴場だけではダメ、価格が上がっても個室、貸切型のプライバシー確保スタイルが主流となりそうです。

⑦医療美容健康需要が拡大

ホテル内の医療美容施設を充実させて、通院を理由に家からホテルにお客様を引っ張り出せ。

⑧スポーツジム

医療系と同様に、箱型ジムでは無く、インストラクターMC付の個別サウナ温泉、ジムで病気予防、健康増進で楽しんで貰う

⑨顧客リストの活用

美味しい食べ物、高級品物販は逆に伸びているので、デパートの外商的な物販でも利益が取れる筈なのです。

⑩金融節税、投資案件、ボランティア精神に

当てはめてイベントを頻繁に開催して、ビジネスに繋げよ 。

今後必要な施設は、

①セキュリティゲイト、外壁

②メタバースルーム

③自慢の高級車を魅せられる駐車場

④金融トレーディングルーム

⑤ youtuber発信スタジオ

⑥イベントルーム、MC付き

⑦ 貸切サウナ、露天風呂

⑧ 貸切クラブ、パーティールーム

⑨ 外商ルーム、不動産、旅行代理店

⑩ 美容医療ルーム

ミシュラン級レベルのレストランに、お持ち帰りグルメやお土産の提供と配達

10万円以上のイベントコースの設定

全て豪華な昼食、サウナジム利用や施設見学可能

入場することが優越感になる

箱の豪華さよりも、ノウハウとコンテンツ勝負

有名人、やり手MCを配置

NFT、写真、サイン、ハガキ、誕生日メッセージ

ビデオレター、オンライン参加、誕生会参加

記念日のプレゼントコース

具体的なコースは、

①ハイヤーセルフ到達コース

②死ぬまでにやりたいこと決定コース

③節税アドバイスコース

④分散投資マネジメントアドバイスコース

⑤保険、家計バジェット見直しコース

⑥老化病気予防、健康アドバイスコース

⑦美容医療アドバイスコース

⑧ファッションアドバイスコース

⑨不動産アドバイスコース

⑩子育て教育アドバイスコース

等となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

断捨離を楽しむ方法

次の記事

ビリオネアの特徴