クリエイティビティを磨く方法

クリエイティビティを磨くには、優秀な人々と逢い、エフィカシーを高めることが大切です。

 自分の中でイメージしたデザインやエネルギーを誰もが分かりやすい形でアウトプットしなくてはなりませんが、普段から自分がある状況において適切な行動を遂行できるかどうかの認知、求められる行動を遂行する能力を持ち合わせていることへの自信を持ち続けなければなりません。

①お洒落な場所しか行かない!

自分のクリエイティビティを高める為には、先ずは自分を豊かな環境に置くことです。

お洒落な場所からインスピレーションを貰うのです。

②人が居ない隠れ家

時には1人でこもって集中する隠れ家も必要です。

何も無いZEROの状況から1を生み出すことが目的なのです。

③余裕を持つこと

クリエイティビティは余裕がある方が広がります。

❶お金❷心❸時間の余裕を持っておおらかな気持ちでいる事が大切なのです。

ゆったりとしたスペースで、したいことだけする、わがままをしてみる、癒されてみることも大切になるのです。

④刺激も必要

いつもゆったりとしているだけでは無く、時に刺激が必要です。

刺激の種類には、五感それぞれに対する刺激に加えて精神的な刺激もあります。

ストレス自体は良くありませんが、ギリギリのところまで生命を脅かしたり、恐怖を感じる体験も、クリエイティビティの幅を広げる為には、必要悪となりうるのです。

⑤金持ちになる

お金の余裕を獲得するには、お金持ちになることが手っ取り早いので、自分の作品や能力をお金に変えていくことが必要になります。

しかしながら、お金の為に奴隷の様に働く様では、内なるクリエイティビティを破壊してしまう危険に繋がってしまいます。

⑥全て自分の力でやる。

クリエイティビティは自分の中にあるものなので、基本的には他人に頼らずに全て自分の力でやらなければなりません。レベルの高いクリエイターと仲良くすることも必要で、それらのクリエイターとコラボすることもありますが、それはお互いの相乗効果を期待するものなので相手に頼ってしまってはならないのです。

⑦世界のリーダーを目指せ

日本国内に留まらずに、好きで事面白い事を世界一までとことん突き詰めることが大切なのです。

世界一になれる方法を学び、誰よりも努力することです。絶対に負けない覚悟を持ち、その為には相手を良く知ることが大切なのです。

⑧メタバースを意識

未来を読めば、メタバースの時代が来ることは明らかなので、如何にメタバースの世界でクリエイティビティを発揮出来るかをイメージすることが大切なのです。

⑨幸せホルモン

セロトニンは不安やストレスを和らげる

オキシトシンは愛情をつかさどる

エンドルフィンは気分を高揚させる

ドーパミンはやる気を引き出す働きがありますが、幸せホルモンのなかでも特にドーパミンをドバドバ出しまくることがクリエイティビティを高める為に必要になるのです。

⑩大和魂こそが役に立つ

どんなに爆発的でクリエイティビティな作品を生み出しても、そこには根幹となる魂が宿っていなければ意味をなしません。

クリエイティビティの根幹には、大和魂(自分を犠牲にしてでも大切なもの守り抜く姿勢)を置いてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

今後の日本300年計画

次の記事

父親の子育て7ヶ条