今後の日本300年計画

 大きなことをしようとすると100年計画を立てなければなりません。

外国勢力は、イエズス会と織田信長を利用して日本を乗っ取ろうとしましたが、江戸時代を経て江戸幕府を転覆させるには約300年の年月が掛かっています。

その後、ロスチャイルドをはじめとするイルミナティの日本侵略は続き、第二次世界大戦の結果占領されてしまいました。

 歴史上では、サンフランシスコ講和条約で日本は主権を回復したことになっていますが、実際には戦後80年近くにわたり、米国の日本統治は未だ続いているのです。

 2023年の新年わ迎えるにあたり、日本が主権を回復し、世界のリーダーへと向かう為の100年計画について考えて行きたいと思います。

①法定通貨の発行権を抑える

日本銀行を一度潰して、完全に国営化すること。CBDCデジタル円を発行し、国際的に通用する法定通貨を運用すること。

②マスコミを抑える

イーロンマスクがtwitterを大掃除しているように、日本のマスコミも大掃除して、本当の事実を伝えられるようにする。マスコミの政治利用はさせない。

③非社会的勢力の排除

裏社会的を撲滅し、優遇措置を全て廃止して、オープンで明るい社会へと一掃する。

④政治家の不正を無くす。

贈賄収賄を厳罰化して、裏金の流通を抑える。

お金の掛からないデジタル選挙に移行して、無駄な選挙ポスターは無くす。

⑤近代武器兵器を抑える

生物化学兵器、サイバー兵器の攻撃に備えて、

防衛セキュリティシステムを強化、抑止力にする為の最先端兵器を配備する。

⑥分断統治の排除

二大勢力をつくり戦争させボロボロにする

川下上を抑えて掌握することを認めない。

平和な社会を築いて行かなければなりません。

⑦金貸しの陰謀

どちらにも金を貸して暴利を上げ乗っ取ったり、

大きな仕組みの胴元になって暴利を貪ることを認めては行けません。

⑧ベーシックインカムの導入

労働者を奴隷から解放する。

庶民が収入を得やすくする為の支援を厚くする。

⑨高いレベルの教育

洗脳教育から脱して、本物の教養や知識を身に付けられるように応援する。

セミナー、サロン等で専門分野を学べる機会を広く提供する。

⑩投資教育

経済ショックや暴落で大損しないように、反対に大儲け出来るように、暴落を拾うテクニックを教えたり、リスクヘッジとしての分散投資の仕組みを教育し、国民の収入を増やすように支援をする。

今後の日本は、300年にわたるような長期計画で、インド、タイ、シンガボール、マレーシア、台湾を巻き込んだ、平和の為のアジア共栄圏構想を復活させて行くべきです。

第二次世界大戦で、日本はアジア諸国を解放しましたが、今後は全ての庶民達を自由に解放する為のリーダーとなって行くべきなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です