メタバース社会を形づくる若い世代

メタバースの世界で若い世代に必要なのは、

①常識や前提にとらわれず、ゼロからイチを生み出す能力

教えられたことが出来るのは当たり前なので、

AIでは出来ないコト、つまり新しいコトを生み出す能力が求められるのです。

②夢中を手放さず一つのことを掘り下げていく姿勢

幅広い知識も必要なのですが、それよりも一つの専門分野を掘り下げて、誰もわからない答えにまで辿り着く能力こそが求められるのです。

③グローバルな社会課題を解決する意欲

自国内での発想や活動に留まるのでは無く、国際的に協力、連合することで大きな問題を解決しようとする積極的な活動が期待されるのです。

④多様性を受容し他者と協働する能力

今までの常識を一度リセットして、多様性を受け入れる広い心を持ちながら、根源的な意識・行動面に至る能力や姿勢が求められるのです。

⑤自分が親になったらしっかり子育てする

自分のわがままが強すぎると、子どもへの愛が薄くなってしまいます。また父親が子どもへのしつけを出来ないのが近年の特徴なのです。

偏差値世代が勉強出来れば、他のことは切り捨てるような社会を作ってしまったので、一度ぶっ壊さなければなりません。

子ども達の自由、人権を奪って習い事を押し付けると無気力になり、自殺にも結びつく危険性があるのです。

この世に正しい唯一のものさしは存在しないのに、親が奴隷用の、ものさしに洗脳されてしまっている

⑥本物の先生に巡り合う

奴隷洗脳されて無い先生から学ぶべきなのです。

親がドリームキラーになってはなりません。

学校や塾は、託児所ではありません。

洗脳を解くには、未来(結果)から過去に遡る

自分で稼げる子ども達に育てなければなりません。

⑦鬼ごっこする者この指止まれ🤌

公園での鬼ごっこや砂遊びが人間の成長には必要なのです。これらの遊びを通じて知性教養を育てるからなのです。

もしも幼児期に公園での鬼ごっこや砂遊びをしないで育ってしまったのであれば、今からでも同じような体験を何処かで実践してください。

そのことで、真のインナーセルフに近づく事が出来るようになるからなのです。

⑧失敗に感謝する姿勢が重要

遊びと同様に、失敗を沢山経験しないで育ってしまうと、人生でつまずいた時に立ち直れなくなる危険が増すのです。

失敗は臆病者脱出の原動力になります。

失敗を経験すると、他人にも優しく、仕事も与えられ、感謝される人間となれるのです。

⑨ iPhoneだけで稼ぐ

メタバースの時代には、iPhoneのような情報端末ひとつで生活のほとんどをこなせる時代になります。ですからITリテラシーやクリエイティブな能力が必要とされるのです。

無から知的資産を生み出せる人材、ゴールをイメージ出来る人、敵を作らない人、時間を有効に使える人、困っている人を助けられる創造力が求められるのです。

⑩ドーパミンサイクル

人生を楽しく、効率的に過ごせるようになるには、脳内物質のドーパミンをドバドバと出して、

ドーパミン分泌の習慣をサイクル化することなのです。毎日がワクワクドキドキ、やる気に満ちた生活が出来るようになり、大きな目標に到達出来る可能性も高まるのです。

ドーパミンを沢山出す為のヒントは、イメージトレーニングを通じて成功した姿を思い浮かべることなのです。たとえゼロからでもスタートを切ることが出来、たとえ失敗しても直ぐにリセット、リカバリーが出来るようになるのです。

習慣化することで、嫌なことこそ先にチャッチャと済ませることが出来るようになります。

メタバースの時代には、AIと供に進化し続けられる人間、つまり上位から約2割に入れるようにならなければいけません。

1言で言うならば、1人の人間として自立出来ること。自分が実験台になって挑戦出来る人、読み聞かせ、語り合い、正しい日本語教育を通じてリーダーシップを発揮出来る人財となってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

クリエイターが主役

次の記事

女性から誘惑する方法