潰れた温泉施設を復活させる方法

①マニアックなイベントを常時開催

箱物施設や一般的な温泉やサウナで人を呼べる時代は終わりました。

万人受けする企画で人を呼べる時代も終わりました。百人に1人でも充分なので、マニアックで尖ったイベントを定期的に開催することで、確実な集客を狙って行くべきなのです。

②個室型のリッチな空間

コロナの影響もあり、集団で集まる施設は敬遠されがちになるので、貸切の半テラススペースを用意して、一日中ゆったり、まったりと過ごせる贅沢な施設にリノベーションすることが必要です。

そうすれば、隠れ家的な魅力が付加されるからなのです。

③宿泊施設に変更

日帰りの施設に留めるのでは無く、24時間営業で宿泊出来る施設に変更することで、海外顧客も含めて広い範囲から顧客を引き寄せることになる筈なのです。

④豪華な観葉植物

癒しを求める顧客に対して、自然を感じリラックス出来る観葉植物を施設全体に導入し、屋内にも観葉植物を吊り座げたり、花柄の壁をデザインするなどで、ハワイや南国風の風を施設内で吹かせるようにするべきなのです。

⑤焚き火、バーベキュー

温泉やサウナ以外にも焚き火やバーベキューといった付加価値を加え、ダイエットしていても食べれる麹スイーツ等を用意して、安心して過ごせる施設としなければなりません。

⑥駅前、日帰りリゾート

都心からアクセスが便利だと、リピーターを呼び込み易くなるので、忙しい日々の合間にも気軽に立ち寄れる、日帰りリゾートとしてアピールするべきなのです。

⑦高級会費制

富裕層が喜ぶプライバシーやセキュリティや豪華さを売りにして、会員制度にすることで、高収益率や安定収入を確保するのが望ましい姿となります。富裕層が喜ぶイベントの定期開催は必須となります。

⑧シーシャ、CBDの提供

高級な、嗜好品を気軽に試せる場にもして行かなければなりません。

リラックスして非日常を楽しめる場としなければなりません。

⑨高級デザイナーズ内装

高級感溢れる最新のデザインと高級感とゆったり感を同時に感じられるソファーを至るところに設置して、リラックス出来る環境を準備します。

⑩高級車

高級車で訪れても、完全プライバシーの確保や車の安全を守れる駐車場監視システムは必須になります。自分の車をカッコ良く駐車出来る駐車場が有れば、それだけでも通いたくなるように、工夫をすることを考えなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

楽しい体験学習へ‼️