どんな人財をスカウトすべきか

 企業は今のうちにメタバース時代に活躍出来る人財を採用しておかなければなりません。

それを先読みしたメタ社のザッカーバーグは1万人規模の積極的な採用を試みましたが、本業の不審に伴い反対に1万人規模のレイオフを行っています。

 本当は、メタバース時代には正社員は要らないのです。高額な成果報酬やお金以外のNFTやその他の特権の付与によって給与は払われる時代となるからなのです。

それでは、人財採用のポイントについて、具体的に見て行きましょう。

①ビジネススクール関連から人財採用をする

②投資案件を通じて、優秀なメンバーをスカウトする

③大学ごと買収して、必要な人財を自ら育成して行く

④メタバース関連で教育熱心な若者、起業家と提携する

⑤買収戦略でメタバース企業ごと人財確保する

⑥社内でアイディアを議論し具体的アクションに繋げ、毎日が新アイディアに溢れる仕組みを創る中で人財を育てる

⑦DAO組織にして、一気に規模を広げて行く

⑧NFT報酬で、やり手ビジネスマンを抱える

⑨人財育成にチャレンジングな仕組を生み出す

チャレンジ精神が評価される仕組み

評価はパフォーマンス検定を利用する

⑩ パフォーマンス検定の結果を反映した人財評価ランキング制度を導入し、優秀な人財の見える化をして、採用に繋げる

 以上の様な方法を使ってメタバース時代の人財を確保しなければなりません。

 結論から言いますと、自分達自身で今のうちから教育をして育てて行かないといけないと言うことになります。

そこでは、人とは違うことをする人財や文化が大歓迎されるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

悩みごとのランキング

次の記事

民族の見分け方