奴隷にならない方法

 私達は、知らない間に奴隷にされています。

日本は未だに米国の支配下にあり、彼らの都合の良いように操られており、彼らに操られた政治家が日本人を奴隷のように操っているからなのです。もしも彼らの計画通りに第三次世界大戦に巻き込まれてしまった際には、私達は自ら殺されない為のノウハウを駆使して、逃げ場の確保を行わなければなならないのです。

 日本政府に頼っているだけでは、生き延びることは出来ないのです。

①目立たない

究極の対策は目立たないことなのです。

つまりは一人でも生きられること、自給自足の生活をしている人が一番強いのではないでしょうか。もしくは、自給自足が出来る場所を確保している人間が強いのです。

人里離れた、ひと目に付かない場所であれば最高なのです。日本は国土が狭いと言われながらも、実は、過疎地や辺境の地が沢山あるのです。

②規制の枠組みから、敢えてはみ出す

普段から規制の枠組みをはみ出してでも生きられる考え方や手段を準備しておかなければなりません。はみ出す感覚を覚えておいて、いざと言う時には、枠組みを無視して行動しなければ自分が守れないからなのです。

③節税対策

黙っていると税金で財産を全て奪われるどころか、借金まで増えてしまうので、生き延びる為には、節税対策が必須になります。

無駄な税金を払わなくて良いように、自分で自分を守らなければなりません。

ブレインや友人を使ってでも、節税対策をしっかりと行なっていきましょう。

④外国の永住ビザ取得

日本の過疎地で避難するのが最善なのですが、それでも危ない場合も考えると、念の為にタイやフィリピン等のいくつかの永住ビザを取得しておくと安心です。もしも日本だけが被害を受けた場合の逃げ先を確保すると言う考え方になります。

⑤暗号通貨

逃げる際には財産を暗号通貨に切り替えるべきなのです。法定通貨はいつ使えなくなりかわかりませんし、銀行口座は凍結される可能性があるので、24時間365日、いつでも何処ででも動かせて初めて価値があるからなのです。

⑥金貨

暗号通貨と言えどもストップされたり、ディバスや通信が遮断されてしまう恐れがあるので、最後の最後は、金の装飾品にして身に付けることが重要になります。物々交換も可能で世界中で使えるモノだからなのです。

⑦上場、提携しない

自分で事業を起こした際には、上場や過度な提携は絶対にしてはなりません。乗っ取られてしまうもしくは、間接支配されてしまうからなのです。

お金の調達はクラウドファウンディングや直接の出資に制限して、銀行からお金を借りてはなりません。秘密を守る為にも必須となるのです。

⑧ひとつにせずに分散化する

景気の波や相場のボラティリティの格差を使って金を奪いに来る連中がいるので、分散投資をして、どんなに大きな波が来ても、被害を受けることなく、逆に大波に乗れるように余裕を持って分散しておく姿勢が大切なのです。

⑨保険を充実させ、リスク回避する

税制対策にも絡めて、まさかに備えて保険を充実させて行きましょう。無駄な保険はことごとく整理して、吟味集中することが大切になります。

⑩海外展開をして、分散化する

事業に関しても、リスク分散と市場拡大の両方を睨んで、海外展開を選択肢に入れるべきなのです。しかしながらカントリーリスクもありますので、慎重さを忘れてはなりません。

また、中国やロシアへの投資は控えるべきだと考えます。ある日突然、全てを失うことがあるからなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です