七つのチャクラの高め方

 チャクラとは、インドのサンスクリット語で「車輪」を意味し身体の中には、主に7つのエネルギーセンターがあるのです。

 チャクラは、気・エネルギーを出し入れするバルブのようなもので、ぐるぐるとエネルギーが渦をまいて出たり入ったりしています。

チャクラのエネルギーの流れが悪くなってくると、エネルギーレベル・精神・感情・肉体面の活力低下を招き、病気の原因にもなってきます。

 チャクラには、第1~7チャクラまであり、各チャクラにそれぞれの身体的・心理学的な関連機能があります。

それぞれに対応する色(7色)もあります。 

先ず、第1チャクラは生命力、人間の根っこを表します。心身両面のベースを整えるところなのです。チャクラの位置は、骨盤の底、会陰部、頸部で、色は赤色です。

整える方法は、赤のものを身につける、ガーデニング、自然に身を置く、グラウディング瞑想、整理整頓をするなどがあげられます。

第1のチャクラを高めるには、地面や砂浜をはだしで歩いたり、自然の中をハイキングしたり、外でお昼寝したりし大地とつながる感覚を感じましょう。

ガーデニングをしたり、農業に携わったり、体に良い自然な食べ物を食べることも効果があります。

アロマテラピーではベースノートに分類されるものや「根」からとれるパチュリやベチバー、パワーストーンは茶色、灰色、黒、赤などの土色を選ぶと良いようです。

第2チャクラは、創造性、自立心を表します。

心に活力を与えるエネルギーの発信点であり、

チャクラの位置は、丹田、おへそのあたりです。

色はオレンジです。

整える方法は、腹式呼吸をする、心が喜ぶ映画や本に触れる、創造的な活動をするなどです。

第2のチャクラは、生きる喜びや魅力に関係します。それらを高めるためには、瞑想やアファメーション、アロマテラピーが効果的です。

瞑想では、体がオレンジ色の光に包まれるのを感じながら、アファメーションでは「私は魅力的です」など肯定的かつ具体的な言葉を唱えながら、行ってみましょう。

アロマテラピーではジャスミンやローズなどの香りに効果があります。

第3チャクラは、自信、活力を表します。

自分らしさを確立し、自信を高めるエネルギー が宿る場所になります。

チャクラの位置は、みぞおちのあたりです。

色は黄色です。

整える方法は、好きなことをして生きている人と過ごす、太陽の下で過ごす、キャンドルを焚くなど火を活用する、運動で汗をかくなどです。

第3のチャクラを開くことにより自尊の念が高まり、責任感が増し、意志、意欲が強くなります。そんな第3チャクラを開くには、何でも他人のせいにせず、未来やいい結果は自分で作り出すというマインドを持つことです。

パワーストーンが効果的です。サンストーンや琥珀、イエローシトリンなどを普段から身につけておくと良いでしょう。

第4チャクラは、愛、信頼を表します。

愛の象徴で、調和の心を持ちます。

チャクラの位置は、胸の中央、心臓のあたりです。そして、色は緑です。

整える方法は、感謝の気持ちを持つ、感情の手放し、思いやりを深めることです。

第4のチャクラが高まると、自分は愛される価値があると感じ、自己愛が芽生え精神が安定します。さらに、他人に対する無条件の愛を与えることができるようになり、器が広くなります。

そんな第4チャクラを高める為には、排他主義にならないことです。こうでないと愛されないとか、評価されるにはこうでないといけないという方寄った思い込みは、宇宙とのつながりからあなたを遠ざけてしまいます。自分と他人を切り離して優越感を味わうのではなく、様々な事象を包括的に見れるよう努力をしましょう。

ローズやベルガモットなどのアロマや、ローズクォーツやウォーターメロントルマリンなど緑やピンク色のパワーストーンを持ち歩くことも効果的です。

第5のチャクラは、コミュニケーション能力を表します。喉を開放してエネルギーを導いてくれます。チャクラの位置は、喉のあたりです。

そして、色は青(水色)です。

整える方法は、歌を歌ったり日記をつけるなど、何かしらの形で自己を表現する、ブログやSNSで発信する、真実・本音を受け入れることです。

第5のチャクラを高めるには、愛のない表現から距離を置くことです。人の悪口や悪い噂、人の不幸を嬉しがる集団から離れることで、ネガティブエネルギーへの同調を避けることが出来ます。

パワーストーンはブルートルマリンやアクアマリンなどのブルー系、アロマはカモミールを使用すると良いでしょう。

第6チャクラは理解力、洞察を表します。

すべてのものを穏やかに見守ってくれます。

チャクラの位置は、眉間のあたりです。

そして、色は藍色です。

チャクラを整える方法は、デジタルデトックスする時間をつくる、朝日・夕陽を浴びることです。

第6のチャクラの働きを高めるには、感情や感覚を無視しないことが大切です。左脳ばかリに頼っていると、支配的で完璧主義に陥り、逆に物事がうまくいかなくなってしまいます。そんな時、右脳で感じる感性や感情、目に見えない事実などに目を向けて、バランスよく調和させることが大切です。

アロマではローズマリー、パワーストーンは青紫や藍色系のカルサイトや紫フローライトに効果があります。

第7チャクラは、高次元との繋がりを表します。

自己を超越し、宇宙の愛とつながるエネルギーです。チャクラの位置は、頭頂部の上あたりです。

そして、色は紫です。

整える方法は、第1~6チャクラを整える、徳を積む、睡眠の質を高める、エネルギーの高いところ、パワースポットにいく、星空を眺めることです。

第7のチャクラを開くには、自己中心的な考えを持たないことです。物質的な成功や名誉を求めて行動を続けてしまうと、宇宙の流れに気付かずいつまでたっても不足感や悲壮感を感じ、満たされることはありません。たまには肩の力を抜いて、宇宙の流れに身を任せるように他人や起こった出来事を信頼してみましょう。

アロマでは、フランキンセンス、パワーストーンは白や透明のパワーストーンがおすすめです。

チャクラのエネルギーは、植物の光合成のように生み出されるもので、尽きることがありません。自分で発生させたエネルギーを他人に無償で与えることで、他人も元気になり、またエネルギーを返してくれます。その様なエネルギーの交流で、地球全体に存在するエネルギーの総量が高まって皆が向上出来る環境へと進化出来るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

PEA恋のホルモンの出し方

次の記事

フェロモンの出し方