イルミナティとは

 現在の世界はイルミナティ(DS)が支配しています。ウクライナにもロシアのプーチン大統領の背後にも彼らが居ます。

彼らの拠点は、スイスなのです。

 新たな拠点として、カザフスタンのヌルスルタンも新本部の候補になるのかも知れません。

 イタリアンマフィアのキャボット一族は、ロスチャイルドと、ロシアプーチン大統領の両者に資金提供を行いスイス、ヴェネチア金融界の一画を占めています。

プーチン氏は、世界一の金持ちかも知れません。ウクライナ侵攻で勝利し、ロシア銀行、パナマ文書、スイス石油商社ガンバー、ロシア2大石油会社株、英バークレー銀行と関係し、プーチン自身が、スイスの金融機関を経営しているのです。

 黒人奴隷売買・麻薬売買での富はスイスに集積され、キャボット代理人のシェルバーン伯爵が、

スイス金融界の「ドン」なのです。

ブッシュ家、麻生家、フォーブス、グリーンスパン家もキャボット家の言わば奴隷なのです。

 その中で長年に渡り主導的な立場だったロシアン・マフィアの故マーク・リッチ(ベルギー出身)が、現在グレートリセットを唱えるスイスダボス会議の発起人だったのです。

 マーク・リッチ氏は、グレンコア創設者であり、ウクライナの影の支配者、ジョージ・ソロスの資金源投資家なのです。マーク・リッチ氏は、国際的な鉱物業者、石油、武器・麻薬商人であり、ユダヤ・マフィア“パープル・ギャング”の支配者だったのです。

モサドやイランを支援し、プーチン大統領やクリントン元大統領夫婦、チェイニー秘書はスパイ弟子でした。

 一方でシェルバーン家はイルミナティのトップ(ウォーバーグ)でイエズス会と関係しています。

 スイス金融界のドンと、シェルバーン伯爵が英国情報部スパイ首領でスコティッシュ・ライトフリーメーソンリートップ、インターポール(ICPO)やサー・ウィリアム・ペティ王立国際問題研究所(RIIA)、外交問題評議会(CFR)を設立し、フランス革命ではジャコバン党の悪行を働きました。

 また、スイスユニオン銀行を利用して、タックスヘブン、マネーロンダリングを行なって来たとも言われています。

 彼らは、ホルツバッハを使い、ロックフェラーのリーマン・ブラザースと、ロスチャイルドの銀行ラザール・フレールに、資金を「貸し付けて」来ました。

 イギリス元首相ウィリアム・ビット氏を操っていた以外にも、ダントン、マラーといったテロリストや、アーロン・バーに率いられた東部エスタブリッシュメントの裏切り者たち、イギリス東インド会社のスパイから経済学者になったアダム・スミス、マルクスまでもが支配下にあったのです。

 また、デルバンコ(ウォーバーグ)家は、ロスチャイルドの血縁で、ロスチャイルド 銀行の金利を決定し、イスラエル建国のスポンサーであり、日本潰しのBIS規制を始め、スコシア・モカッタ銀行の共同経営者でもありました。

 ブッシュ一族はデル・バンコの雑用係、またナチス、ヒトラーを全面的に支持、資金援助し人種差別によるユダヤ人大量虐殺を行わせたのです。

 EU本部はランベール銀行ブリュッセル支店の重役室の中にあると言われています。

EUと米国を動かしているのがイスラエル、ランベール(地下経済)とデル・バンコのオフショアであるという実像があるのです。

 デル・バンコ家はCIAそのものであるデューク一族の麻薬入りタバコ会社ブリティシュ・アメリカン・タバコ(BAT)の創立資金を出しています。ゴールドマンサックス、ウォーレンバフェットとも関係があるのです。

 ハプスブルク家は、バーゼル、欧州王、鷹の城、NWO、後醍醐天皇、護良親王の子孫とも噂されています。

 ドイツとオーストリアを統合し、大ドイツ帝国を目指す神聖ローマ帝国、スイス銀行に資産を預けました。第一次世界大戦で没落してしまいましたが、未だスペイン、ベルギー、ルクセンブルクの王位継承権を持っているので、将来ハプスブルク家から王様女王様が誕生するかも知れません。

 一方で、タクシス家は英国王室の上にいます。

元々はハプスブルク家の家臣で、郵便事業、世界最大スパイ組織の頂点に君臨し、ヨーロッパ最大の土地所有者であり、かつ50以上の企業を支配しています。彼らの居城ドイツのエメラム城は、英国王室のバッキンガム宮殿よりも巨大なのです。

 モナコに世界中から正確な情報と世界中の大富豪から金を集めて一大金融国家としました。

モナコグランプリ、カジノはマネーロンダリングの場所でもあります。

 中国共産党幹部らがモナコに呼ばれて、国債購入のご褒美として、私的に賄賂を受け取り、100兆円の金塊をカザフスタンに隠したとも噂されています。

 彼らの本拠地がベルギーのブリュッセルにあるのでEU本部がブリュッセルになったのです。

また、ヨーロッパ各国の王・貴族に、メートル、kgといった測量単位を統一させました。

 国際送金のSWIFTを操り、データセンター、ラ ユルプ、NATO、中国を通して不正選挙機械ドミニオン社にも投資しています。

 アイゼンベルク家は、イスラエルと関係が深く、MI6と共に「モサド」や「CIA」の設立にも関わっていました。特に、日本国籍も有していたショール・アイゼンベルグが有名です。

 アイゼンベルグと関係の深い日本人では、永野重雄、里見甫、中曽根元総理、麻生元総理などがいます。日本の原発は、アイゼンベルグ社が間接的に管理しています。第三次世界大戦を主導していると言われ、サッスーン家よりも格上なのです。米国の麻薬取引を一気に取り仕切りました。

プーチン大統領にも巨大な影響力(マークリッチ元妻がアイゼンベルク家)を持っています。

 ヘッセン家の頭首がエリザベス女王なのです。

ドイツ周辺の王族を統一して「新王国」建設を企てたのがヘッセン家という大貴族です。

米国大統領は、殆どが初代イングランド国王ヘンリー2世とその息子ジョン王の末裔

 サッスーン家は、アヘン密売で莫大な富を築いた一族で、英ロスチャイルド家の東アジア代理人で青幇、浙江財閥、蒋介石を支援しました。

岸信介、笹川良一、児玉誉士夫、安倍晋三、電通、自民党、TSMCと繋がっています。

 ファルネーゼ家は、スイスの傭兵としてバチカンを護っています。

ローマカトリック系は、イエズス会系の貴族で、

イタリアP2ロッジと深い繋がりがあるようです。

 ロスチャイルド家は、金貸し、法定通貨発行権を抑えて、世界の金融界を支配しています。

ジャーディンマディソン、麻生家、島津家と繋がりが深いのです。

 ロックフェラー家は、鉄道、石油王、軍産複合体、国連を設立しました。

竹中平蔵氏、三菱、岩崎家、長宗我部家、三井住友財閥と繋がっています。

 サヴォイ一族は、軍事面に強い一族です。

 ヴァンガード家は、シティの「番人」ポルトガル貴族です。

ポルトガル貴族は金融マフィアの母国ベネチア、

ロンバルディア銀行ベネチア本店に資産を預け、イタリア政府に税金が課されません。

つまりベネチアが世界の中心、世界の支配者だ。

ローマ・カトリックに対する、異端・キリスト教原理主義(その原型であるドルイド教)の教義は、「人類絶滅を至上目的とする」ことらしいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

妖艶な女性とは