人生の失敗とは

 失敗とは、物事をやりそこなうこと、しくじることです。
方法や目的を誤って良い結果が得られないと言う意味なのですが、人生で一番のしくじりは、「何もやらないこと」なのです。
 高校時代にTV東京で観ていた加山雄三主演のドラマ「高校教師」で夏木マリが歌っていた主題歌、「裸の青春」が強烈に心に残っています。
歌詞からサビの部分を引用しますと、
「たった一度の青春を
悔い無きようにと言うけれど
春の嵐の過ぎたあと
何もしなかったと嘆くより
ああ、過ち悔やむ方がまし」

 この歌を通して、「何もしないこと」こそが一番悪いことなのだと思い知らされたのでした。

ところで、日本人の実に98%がセロトニンの量を調節しているセロトニントランスポーターSS型の遺伝子を持っていると言われているのです。
ですから、日本人の実に98%が世界で最も慎重で臆病で神経質な性格だと考えられているのです。結果として挑戦をしない、「何もしない」人間になり易いのです。
おそらく日本人の祖先は、厳しい自然も含めて、余程外部からの難敵に苦しめられた結果、決して楽観してはならないことを、遺伝子上に刻みこんで来たのだと考えるのです。
それらを克服する為にも、セロトニンの分泌を意図的に増やさなければならないのです。
それには、「自分が好きなことをして生きて行く」ことこそが必要になります。
その結果、セロトニンがドバドバと出てきて、自由で最高の人生を送れるようになるのです。
人生の失敗とは何なのか?についてのアンケートと取って調査した結果、以下のようになりました。
①受験・進学での失敗 18.9%
大学受験が人生を決めてしまうと言うような、変な洗脳教育をされてしまった結果、学歴で成功と失敗を判断してしまう傾向が強いように感じてしまいます。
本当は、知性や学歴よりも教養、教養よりも自由「教養」とは「勉強」ではなく「自分を解放すること」自由であることを意味するのです。
そして人生は一生勉強なのです。大学受験はひとつの通過点に過ぎないのです。
②結婚と家族での失敗 12.2%
結婚を人類のゴールと考えてしまう人も多いように感じてしまいます。もちろん家族の関係性は大切な問題ではあり、他人の為に生きることで幸せになれますが、自分内面の問題も忘れてはなりません。自分と家族を分離して客観的に考えることもしてみてください。
そして、もし子育てが終了したならば、家族の幸せから自分自身の幸せも意識して生きることを考えて行きましょう。
③金銭関係での失敗 11.3%
お金こそが人生を決めてしまうように考えている人も多いと言うことなのですが、今や「お金より時間、モノよりコト」にシフトしているのです。
そして人生には、命よりも大切なコトがあるのです。自分のことよりも、家族や民族や地球の為に生きた人の方が幸せになれるのです。
④恋愛・異性関係での失敗 9.3%
本能や感情はとても重要なことですが、自分が考える通りにはコントロールできません。
また、男や女と言うジェンダーに囚われ過ぎても上手くは行きません。
ジェンダーフリーの気持ちになり、人間としての幸せを客観的に考えてみてください。
⑤就職活動や仕事での失敗がそれぞれ8.7%
日本人は成功よりも安定を求めるあまり、会社員や公務員を仕事として希望する割合が高いのですが、究極の自由と幸せとは、誰からも雇われないことなのです。
社会的地位、経験名誉も大切なのですが、自分で仕事を切り開き、雇われないことが一番の幸せなのかもしれません。
最近では働かないで稼ぐFIREと言う言葉が流行しており、会社を辞めて投資やyoutubeで稼ぐライフスタイルに憧れる人々が増えて来ているのです。
⑥ 遺伝と環境
人間の能力はある程度は遺伝子で決まってしまうようなのです。また、育った環境が人格に大きな影響を与えることも事実なのです。
その為、人間は本能的に異性に自分に必要な遺伝子を求めてしまう傾向があるようです。
若さ、健康、体力、体格、運動神経 、外見 二重パッチリ眼、大鼻、福耳、色白、髪、筋肉質、体格、身長、プロポーション、指、腕、血管等、無意識に必要な遺伝子情報を取り込んで相手を選んでしまう傾向があるようです。
⑦人間関係
人脈、横繋がり、フォロワー数等の社会的な人間関係も人生を決めてしまう要因のひとつなのかも知れません。
しかしながら、世間体を気にせずに、ひとりでも生きて行ける姿勢と覚悟も無いと、逆に厳しい世の中を生きて行けません。
人間関係に頼らない人生を切り開いて行きましょう。
⑧品格
人間関係に頼らない生き方をするからと言って、我儘でルールや常識を無視した行動を取るべきではありません。
品格を大事にする紳士淑女たるべきなのです。
大和魂や優しい勇気を持ち、腹黒く無く、聞き上手、褒め上手で、敬語も使えるような人間であるべきなのです。
以上のように人生の失敗に付いて考えてきましだが、まとめてみると、
たとえ何度失敗しても、「自分から自分を解放」して自由になることが出来れば、脳幹でセロトニンがドバドバ分泌されることになるので、楽しく幸せな人生にすることが出来ると言うことなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

プレトンウッズ3.0

次の記事

米国支配の終焉