目から鱗のトピックス

最近の話題で、私自身が目から鱗で、見方を180°変えなければならないと感じたトピックを10個、ご紹介させていただきたいと思います。
① ウクライナ問題
聖書の予言ハルマゲドンが本当に起こるのではと、ハット緊張が高まっています。
単にウクライナとロシアの戦争だと捉えてしまうと、本質が見えて来ません。
それはDSと反DSとの戦いだからなのです。
金本位制やブロック経済圏と言った昔のシステムが復活する一方で、人工衛星による情報戦争が活発化して行くことでしょう。
②FacebookのMetaへの会社名変更
ザッカーバーグ氏が社名を変えてしまうぐらいの強い意気込みが有ることを感じて、本当にメタバース時代に突入したことが実感出来ました。
キャズム理論で行くと、まだイノベーターのフェーズに居ると考えられますが、ザッカーバーグ氏が意識を変えてくれました。
③三枚舌外交
世界の支配者は、イスラエル建国に使った三枚舌戦略をいまだに使い続け、これからも使って行くことでしょう。つまり嘘が罷り通り、悪が支配していると言うことなのです。
④人類は完全に洗脳されている
ウクライナ情勢を観ても、情報が嘘だらけ、マズゴミが嘘だらけのことがバレバレなのです。
SNS時代、youtube時代には、リアルタイムに情報が更新され、証拠が世界中から集まりますので、嘘がバレてしまいます。
情報が裁判官となるので、例え警察官や裁判官を脅したり、買収しても無駄になるのです。
⑤資本主義は基本右肩上がりが原則
世界はバブル崩壊、スーパーインフレーション、大不況に暫くは巻き込まれて行きそうですが、揺さぶられてもしがみついて、行く姿勢が大切になります。暴落はむしろ買いであり、長期的にはまた上方に向けてゆっくりと回復して行くでしょう。
⑥イーロンマスク氏は時代を創る宇宙人
今後の世界を引っ張るリーダーは彼なのです。
スターリンク、フリーエネルギー、メドベッドと言った分野で世界を驚くほど変えてくれると期待をしています。さあ皆さんも彼の後に続きましょう。
⑦小麦は食べるな
小麦価格が最高値を付けています。
ロシアとウクライナで世界生産の約三分の一を占めるからなのです。
この機会に、小麦を食べる習慣を減らして、国内産小麦だけでも生きて行ける体制を整えて行きましょう。どうしても必要ならば白い小麦粉では無く、全粒粉やライ麦を活用して行きましょう。
日本には和食米麹と言う世界一の食文化が有るので、それらを活かす方法を考えて行きましょう。
⑧超富裕層が狙われる
ロレックスをはじめとする高級時計やポルシェ等の高級車、高級タワーマンションが売れまくっているようです。まさに市場は金融緩和によるバブル状態なのです。そんな時に狙われているのが超富裕層なのです。お目当ての品物を手に入れる為に足元を見られたり、セット販売を強要され、カモられているので、注意をしてください。
また、イルミナティからの勧誘にも注意が必要なのです。
⑨モノでは無くてコトが重要
戦争に伴うスーパーインフレが起きつつあるので、お金からモノにヘッジしようと、金やパラジウムの価格も高騰していますが、モノを持ってはダメなのです。
お金はコトに使うことが自分にも社会に取っても役に立つのです。人道援助もモノでは無く、コトに使うことを考えて行きましょう。
⑩メタバースの時代
メタバースと言うとVRゴーグルを思い浮かべる人が多いのかも知れませんが、本物のメタバースの時代には、3Dプロジェクションマッピングやホログラフィック映像の世界となる筈なのです。
現実世界とメタバースが融合してこそ成熟した市場になり、実用性も高まるのだと考えます。
本当は誰も居ないスタジアムで、本当に選手為がプレーをしているように観えるバーチャル環境こそが、本物のメタバースになるので、VRゴーグルは必ずしも必要無くなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

量子金融システムとは

次の記事

Web3.0とは