DeFiのトレンド

DeFi(ディーファイ)とは、Decentralized Financeの略語で、日本語で分散型金融と言います。簡単に言えば、中央管理者のいない金融仲介アプリケーションのことになります。
無人銀行をイメージして貰えると、良いのかも知れません。最近は駅前の銀行がどんどんと潰れていて、ATMもしくはネット決済、電子マネーに置き換わっています。そもそも銀行に預けていたのは安全を確保し、利子も稼げるからだったのですが、最近では利子を稼ぐ何処か、手数料を持って行かれるので、銀行に預ける意味が無くなってきているのです。それに代わって、注目され出したのが、DeFiなのです。
保有する仮想通貨をDeFiサービスに投資してリターンを得ることをイールドファーミングと呼びます。一般的な市場よりも高いリターンが期待できるますが、当然ながらリスクも生じます。
DeFiは、無人で管理するので無駄な手数料が掛からずに、銀行に預けて置くよりもずっと効率的に稼いでくれるありがたい金融ツールなのです。
そんな注目を集めるDeFiの今後のトレンドを予測して行きましょう。
①DAO(Decentralized Autonomous Organization)は日本語にすると「分散型自律組織」となり、ブロックチェーン上で世界中の人々が協力して管理・運営される組織のことです。
メタバース時代の主流になる組織体系となります。そしてDAOの中で注目される金融ツールが
DeFiなので、NFTにも関連しメタバース時代を引っ張るトレンドとなって行くでしょう。
②ステーキングが当たり前に拡大して行く
ステーキングとは、特定の暗号資産を保有することによってリワード(利子の様なもの)を獲得できる仕組みです。単純にゴールドウォレットや取引所に預けておくのでは無く、定期預金のように一定期間預けることで報酬を得る人が増えて行くでしょう。
③スワップの拡大
スワップとは、等価値のものの「交換」という意味なのですが、同じ通貨同時や異なる通貨で、異なるタイプの利息を交換するのがスワップになり。リスクを貼って、これらの取引を行うことで利益を上げ、財産を増やすことが可能になるのです。
④AMM型分散型取引所の活用
AMMとは、自動化されたアルゴリズム取引によって特定の市場で自動取引をする仕組みのことで、自動取引所の様な仕組になります。
様々な分野で自動取引が当たり前の世の中となるでしょう。
⑤マルチチェーン展開
マルチチェーンとは、異なる仮想通貨やデータ等のやり取りを複数行えるシステムの事を言います。取引が横に広がることで、より柔軟で多様性を加えてくれるのです。
⑥レイヤー2への展開
取引が横に広がるだけでは無く、子どもから孫へ、孫からひ孫と言うように、縦にも深く下がって行くのです。
⑦新プロダクトの登場
今後は様々なニュータイプの金融商品が発明されると、DeFiの魅力が益々高まり、更なる流行を生み出してくれる期待が持てるのです。
⑧ハッキング事件の多発
ネットワークで繋がれている性格上、今後もハッキングによる財産の流出事件は増加し、それに伴い規制当局の対応が強く求められるのと同時に、DeFiへの注目も高まって行くものと予想されるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

セロトニンとは