ウォーレンバフェットの教え

ウォーレンバフェット氏の教えを元に、投資家がしがちな10のミスについて検証して行きたいと思います。
ウォーレンバフェット氏は、アメリカ合衆国の投資家、経営者、資産家、慈善家です。
世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEOを務める。大統領自由勲章を受章しています。フォーブスの2021年世界金持ちランキングでは、960億ドル(約10兆5,600億円)で、第6位にランキングされました。その卓越した投資手法からは、「オマハの賢人」と称される人物なのです。
教えの内容は、以下の通りです。
①現金では持つな
インフレーションが激しくなって来た昨今では、
銀行に預けておいても、現金で持っていても時間と共に価値が目減りしてしまいます。
銀行以外の債権や株式や不動産で保有していれば、インフレーションの影響を受け難くなるので、現金で持っていてはいけないと言うことなのです。
②マーケットコンディション、ファンダメンタルズ
世の中のトレンドや社会情勢を常にモニターし、
来る世の中の変化を意識することなのです。
現在で言えば、5G6G、メタバースの時代の始まりであることを意識して欲しいのです。
③多様化、未来化、ビジネスモデルの理解
未来の世の中の暮らしが、どの様に変化して行くかを、絶えず意識することが必要です。
コロナの影響で、旅行業界、百貨店業界、冠婚葬祭業界、飲食業界は致命的な打撃を受け、人々の生活様式も大きく変化してしまいました。
メタバースの時代には、バーチャル空間の中で、仕事をしたり、買い物をしたり、旅行に出かけたりするようになることを、頭の中でイメージして考えて見てください。
④リスク管理、分散投資
投資をする際には、ひとつの分野に集中して投資をするのでは無く、リスクを分散する分散投資を考えなければなりません。
大きく分けて、債権、株式、コモディティ。
期間で分けると、短期投資、中期投資、長期投資になるので、分けて考えなければなりません。
⑤高IQのプロフェッショナル
投資戦略は自分自身で考えることが重要ですが、プロフェッショナルに運用を任せることも重要なのです。
最新で言えば、キャシーウッドのARKインベストメントや日本であれば、ひふみ投信が有望です。
⑥インデックスファンド
インデックスファンドは、分散投資にもなり、プロフェッショナルへの委託投資にもなるので、
現実派にはお推めの投資になります。
youtuberのひろゆき氏もインデックス投資を推奨しています。
⑦分野別のポートフォリオ
分散投資の際には、分野別の投資を意識してください。ARKインベストメントでは、5大破壊的イノベーションプラットフォームとして
①遺伝子シーケンシング
②適応型ロボット工学
③エネルギー貯蔵
④人工知能AI
⑤ブロックチェーンの分野に注目しています。
⑧ギャンブルにならない投資
投資はギャンブルでは無いので、確実に堅実になる投資が基本になります。
全てを注ぎ込むギャンブル的な投資はするべきではありません。
⑨成長株
テンバガー10倍以上になりそうな銘柄を予測し見極めることも重要になります。
今後は仮想通貨、NFT、DeFi、メタバースの分野での成長株を探して行きましょう。
⑩損切りの勇気
相場が逆方向に動き出して、損を出し始めた際には、早めに見切って損切りすることも重要です。
見切りをする勇気こそがとても大切になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

人生を愉しむ

次の記事

お得なサブスク10