今年のトレンドについて

 2022年は、本格的なトレンドが変化が進みます。
つまり、時代は5Gそして6Gへ向かって大きく移動し始めたのです。
トレンド変化に伴い、企業の方針や企業が必要とする人財も次の様に変わるでしょう。
1つ目は、企業目標が財務的利益から「社会的利益」に変わること。SDGを目指したカーボンニュートラル対応等が求められて来るのです。
2つ目が、「先を読む」から「読めない経営」に変わり、想定外の事が起きても臨機応変に対応出来る能力がより強く要求されるようになります。
3つ目が、「決めたことを実現する」から「付加価値追求」集団へ進化することです。ただ作業をするのでは無く、価値を生み出すことが要求されます。
4つ目が、企業に即した人材から「変化に対応する人材」に変化することです。世の中の変化を敏感に捉えて対応出来る事が生き残りを左右して行きます。
また、労働者のスタンス自体も変わります。
①労働者が働かない時代になります。
企業は自動運転やロボット化を強化しなければなりません。
②お金の稼ぎ方が変わった。
P2Eの様にゲームで稼ぐ時代になるので、在宅しながらでも収入を得る時代になります。
③縦串から横串への変化
雇い主と雇われ側の縦の関係で仕事をするのでは無く、気の合う仲間同士で平等に仕事をする時代になります。
④モノ、不動産は要らない
お金より時間、物よりコト(体験)が重要になって行きます。
⑤ハイパーインフレ
物価がどんどん上がり、スタグフレーションが蔓延して行くので、副業や投資をしないと生活が苦しくなって行きます。
⑥倒産が増えます
早期退職、失業率増加するので、副業やアルバイトをしながら、倒産した後の次の手を考えておかなけれはならない時代になってしまいました。
⑦大学進学率の減少
大学は全入時代になり、大学を出たから就職が有利にぬる時代ではありません。
それに連動して、受験勉強が無意味化してしまいます。
⑧馬鹿親大繁殖中
教養の無い親に育てられた子ども達が親になり、また教養の無い子に育てる悪循環が広まりつつあります。
⑨悪の駆逐が加速し始めた
一方で、youtubeやSNSの発達により、本当の情報が流れ易くなった結果、マスコミによる嘘の洗脳が難しくなり悪が暴かれて、悪の駆逐も進むでしょう。
⑩ディセントライゼーション
5G、6Gの時代は、中央集権的な管理が難しい時代です。中国の政策は時代の真逆に向かっています。
管理統制よりも、協調共生の時代になってい

次のように、リが時代のキーワードになります。
①リンク
② リラックス、リフレッシュ
③リノベーション
④リサイクル
⑤リユース
⑥リメイク、リリース
⑦リカバリー、リリーフ
⑧リインカーネーション
⑨リバイバル
⑩リップル

トレンドのキーワードは、以下の通りになります。
メタバース、ブロックチェーン、仮想通貨、CBDC、スターリンク、NFT、DeFi、チェーンリンク、クロスチェーンブリッジ、ペーパーレス、サブスク、自己発信、トレーサビリティ、本能、ドーパミン、運動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です