キューティーハニートラップ

日本人は騙されっ放しの民族ですが、その中でもハニートラップや美人局に騙される事件もあり、これらは洒落にもならない大失態だと言えるのです。
ハニートラップとは、女性スパイが対象の男性を誘惑し、性的関係を利用して懐柔するか、これを相手の弱みとして脅迫し機密情報を要求する諜報活動の事で、人的諜報ヒューミントの一種なのです。
諜略とは「人を愛する能力」とも言われている位ですから、スパイが本当に相手に近づく為には、真剣に相手を好きになる事が必要になるのです。それが結果的には、ハニートラップになる事もあるのでしょう。
ただし、必ずしも女性スパイが仕掛けるものとは限らず、東ドイツ国家保安省(シュタージ)の「ロミオ諜報員」のように男性スパイによって対象となる女性を罠にかけることもあるのです。
いわば「色仕掛け」による諜報活動と言えるのです。
冷戦時代のソビエト連邦では、ハニートラップがKGBの十八番で頻繁に行われたらしいのです。
また、かつてのアメリカのケネディ大統領との関係があったといわれるマリリン・モンローがKGBのスパイだったのではないかという説も根強く存在し、この説によれば、彼女はFBIもしくはCIAにマークされていたとされているのです。
敬虔なカトリックであり、一国の大統領であるJFKでさえも所詮は男であり煩悩も有ると言うことなのです。
マリリン・モンローの独特な雰囲気と、男をメロメロにしてしまいそうな妖艶な色気で誘惑されたなら、普通の男なら騙されてしまうのでしょう。
ケネディ大統領が暗殺された事で、米国政府の独自貨幣発行も出来無くなったのですから、ロスチャイルド財閥やロックフェラー財閥にとってもメリットがあったでしょう。
しかしながら、誰がケネディ大統領を暗殺した本当の犯人であるかは残念ながら特定できません。資料が公開されることになったのですが、決定的な証拠は最後まで封印されているのです。
少なくとも、逮捕されたオズボーンが犯人では無い事は、誰もが気づく事なのです。
日本では、橋本龍太郎元首相が中国の仕掛けたハニートラップに引っかかったと言われています。最近の事案としては、2004年に在上海日本総領事館の電信官が遺書を遺して自殺した事件や、2006年の海上自衛隊対馬防備隊の一等海曹が内部情報を持ち出したうえ中国・上海に無断渡航していた事件が代表として挙げられます。
中国美人スパイの脅威は、イスラム過激派組織「ISIS」以上だと、イギリスのメディアが報じました。同報道によると、中国が集めた美女100人以上が、専門の訓練を受けた後、イギリスの元諜報員や家族などに接近して、「性」を武器に相手を誘惑し、情報を引き出しているらしいのです。
裏返せば、この方法が最も効果的に秘密情報を獲得する方法だと言う事なのでしょう。
中国に旅行を計画している日本人は、このようなスパイ活動が中国では日常茶飯事で当たり前のように起こると言う事を肝に銘じで欲しいのです。ですから中国内での活動については監視されていると言う前提で、細心の注意を払って、足元を救われぬように慎重な行動をしていただきたいのです。
反対に、日本には多くの中国人スパイが既に忍び込んでいる事も忘れてはいけないのです。
もし、スパイ活動が発覚したら、厳重な処罰と関係者も含めて、二度と日本には来れなくするべきなのです。
「特定秘密保護法」程度では生温過ぎるから、スパイ活動が二度と繰り返さないような法律と仕組みを構築する事が絶対に必要なのです。
日本はスパイ天国と言われているように、今のままでは「日本の安全が保持できなくなってしまう」という強い危機感をもって対処していただきたいのです。
軍事力の強化をする前に、スパイ監視をする方がより重要でお金もかかりません。
かつて日本の歴史上において、女スパイはくノ一(くのいち)と呼ばれていました。
そもそも戦国時代において、男性は土地に縛られる(農民でも武士でも)が、女性は自由にどこにでも行けたのでスパイには向いていたのです。
ルイス・フロイスの文献によると女性は、「ほぼすべてにおいて自由(未婚であれ、既婚であれ外出が自由)で、さらには、既婚者でも旅先での性交渉が自由」とまで書かれてあるのです。
日本の時代劇では、くノ一が色仕掛けで、男から重要な情報を聞き出すような場面が出て来ますが、これについては本当かウソかで評価が分かれるところです。
とにかく、女スパイが色仕掛けを使って貶めるやり方が、現実に存在しそれらを使った汚い方法で、利を得ている者が存在する事を忘れないで欲しいのです。
女スパイの色仕掛けに付いても、様々な事例をケーススタディとして、きっちりと学習して、そんな愚かな罠に引っかからないようにしてもらいたいのです。
とはいえ、お酒が入ってしまうと煩悩に溺れて、突然乱れてしまい、絡んだり、絡まれたりして、正常な判断力で断る事が出来なくなってしまうのが人間の性である事も事実なのです。
また男女にかかわらず西洋的な貞節、処女信仰も加わり、ほんの少しの過ちも、Fraidayのスクープ班やパパラッチが監視しており、スキャンダルとして見逃しません。
いずれにしても、日本人には相手の弱みに付け込んで、悪事をはたらくことは断じて許すことは出来ません。
ですから、そのようなスパイ行為や詐欺行為は厳重に処罰する事が必要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

日本のカースト制度