交渉の達人

交渉の達人「落としどころを見つけだせる」力があれば将来、交渉の達人(タフガイ)になれます。
私は自分自身が、米国の穀物商社で、日本の総合商社のトレーダーや米国本社の外人トレーダーと厳しい価格交渉の仕事をしてきた関係で、「タフガイ」と呼んで貰えるほど交渉には長けてきたつもりです。
私は、息子にも日常生活でそれらの交渉術を教えてきました。
交渉で一番大切なことは、冷静に状況を判断し、計算を重ねて、まずは落としどころを見つけることです。
それが決まれば、あとは落としどころまでもっていくプロセスとテクニックが重要なのです。
交渉のテクニックにはいくつかありますが、日本人の弱点は横並び意識があるので、〇〇が動いた、〇〇が動きそうだという情報が一番効果的なのです。また交渉では、まさに「沈黙は金」なのです。
激しい口論や価格交渉には「間」が必要です。間を作るためにはあえて「沈黙」を利用するのが、タフネゴシエーターの極意だからなのです。
私は息子に対しても、絶対にすんなりとOKは出しませんでした。
息子は自分の意思を通すためにあれこれ交渉しますが、父親に言い負かされてしまえば、結果は我慢しなければなりませんので、息子も必死でした。親としてはときには我慢させることも大切と思い、親子の交渉バトルはいつも続きました。
ところで、社会に出て、大きな組織や外国人を相手にするためには、交渉の技術が要求されます。交渉よっていかに「戦わずして勝つ」かが、会社の業績や未来に直接関連するので、交渉の達人になることが求められるのです。
日本人には少しハードルの高い能力となりますが、この能力を鍛えなければこれからの国際社会では生きていけません。
だからこそ、これらの能力を子ども達に教育しておくことが、大切なのです。
これは父親にとっても、すこし厄介な役割になるかもしれません。
そして、子ども達にこの能力をつけさせるために、家庭でも両親がお手本を示さなければなりません。
お小遣いアップの交渉・お出かけ先の交渉・どのレストランに行くかの交渉など、家庭でも小さな交渉事は頻繁にあるので、交渉の仕方を伝授してあげて下さい。

ところで、小さなチームをつくったり、部活動、会社での組織を運営したりする際に要求される能力は「段取り力」なのです。チームメンバーの状況を把握しつつ、組織運営に必要な事柄を、事前にスケジュール化して、関係各所と連絡を取り、予約し、実際に計画を実行するコーディネーター的な役割です。
事前にしっかりと計画やスケジュールを立てることはもちろん大切なのですが、何よりも大切なのは上手く行かなかったときに、どのように切り抜けていくかなので、問題解決力も同時に要求されるのです。
これらの能力を子ども達につけさせるには、小さなグループの運営を実際に任せてみて、経験をたくさん積ませることが何よりも一番なのです。
ですから、遊びでも工作でも運動でも何でもよいので、ひとつのプロジェクトを任せること、お使いをさせる経験をさせることが大切になるのです。
またフルーツバスケットや連想ゲーム等の遊びを通じて、そのような感覚を身につけることができます。
「根回し力」・「調整力」は、とても日本的な考え方ですが、大きな組織を動かすためには「根回し力」が要求されます。
事前に仮の了承を取ってから大きく動かさなければ、反対にあって、せっかく良いことをやろうとしても、潰されてしまい、できなくなることがあるからです。
事前に関係各所の利害関係を抑えておいて、問題点を先に潰して調整する力が必要なのです。
子ども達にそれらの力をつけさせるのには、「段取り力」と同様に「交渉力」が必要です。
プロジェクトを成功させるためには、自分が動き回って、各関係者との調整や交渉が必要だからなのです。
関ヶ原の戦いにおける、徳川家康側の調略戦法ではありませんが、戦いというのは得てして、始まる前に既に決着がついている場合が大変多いのです。
逆に言えば、いざ大勝負と言って始める前に、しっかりとした地固めや、準備、根回し、調整ができていなければ、物事は成功しません。
そのようなことを知り尽くし、事前にしっかりと「根回し」できる子ども達に育ててあげて下さい。
「説得力」も、日本人に欠けている要素です。
日本では、言葉で示すより態度で示す、「不言実行」の文化があるため、説得する機会も少なく、それらの技能に弱い人間が多いのです。ところが、国際社会では、どうでもいいようなことまで、しっかりと論理的に説明することを求められます。
日本人にとっては、はなはだ面倒くさいことなのですが、国際社会の要請として、説得は必須なのです。
ですから、まずは幼少期から正しい日本語で論理的に話せることを、家庭でも練習させてください。

ところで、粘り強い交渉力を身に着けるには、ディベートの練習を幼いころからさせることが効果的です。
それには、運動系の習い事が一番役に立ちます。
家でやるなら息止め、空気椅子、腹筋や人間ベンチプレス等で、家族で遊び感覚で鍛えることも出来るので、是非やってみてください。

 そして、私がブログに書いている毎日のテーマを必須課題だと意識して1番から365番まで実行してみてください。それらをやり遂げた先には、子ども達の大きな成長と進化がカタチになって現れて来ている筈ですので、それを楽しみに毎日のテーマとその課題に、子ども達と一緒になって全力で取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

図鑑 353

次の記事

段取り力 354