そろばん、そろタッチ 346

子ども達を数字に強い人に育てたいのであれば、そろばんやそろタッチを学ばせてあげてください。
昔から「読み書き算盤」と言われて来たように、重要な能力の一つであるそろばんは、6つの能力アップに驚異的な効果をあげるお得な学習方法なのです。
そろばんの効果は、
①注意深く観察する力
②イメージやヒラメキの力
③記憶する力
④集中する力
⑤情報を処理する力
⑥速く聴き・速く読む力
そろばんを習っている子ども達は、右脳が活性化されることで、処理スピードも速く、算数や数学でつまずくことがほとんどありません。
一方でそろタッチは、そろばんの仕組みをiPadで応用した、IT時代ならではの新しい暗算学習法なのです。
そろタッチを学ぶことで、短期効率的に一生の財産となる「イメージ暗算」(そろばん式暗算)の能力が身につきます!
iPad上でそろタッチのアプリを登録し、タッチすると色がつく、みえるモードで操作を覚え、速く正確に出来るようになったら、色がつかない暗算モードで頭の中に珠の形を浮かべ、イメージ力を鍛えます。
適齢期の子ども達が、2つのモードを毎日練習すると、計算を画像処理する「イメージ暗算」の能力が身につきます。
2000年の歴史を持つそろばんの仕組みを、iPad上にオンオフ式で展開し、暗算モードを付加したことで、「イメージ暗算」習得を目的とした新しい暗算学習法を実現出来るようになったのです。
子ども達にそろばんやそろタッチを習わせたいのであれば、それぞれの教室に通わせてあげてみてください。
教室では、検定試験、ランキング発表等を通じて子ども達のモチベーションが大いに刺激されることでしょう。
ゲーム感覚で夢中になって、毎日のタスクをクリアしようと、知らない間に頑張れてしまうのです。
最初のトレーニングや細かな指導は教室で教えて貰ったならば、後は自宅に帰って、自分で自発的にどんどん進めて行くことが、上手になる為の秘訣なのです。
短時間で集中して、納得が行くまで、毎日でも挑戦をさせてあげてください。きっと数字に強い人になれる筈だからなのです。

 そして、私がブログに書いている毎日のテーマを必須課題だと意識して1番から365番まで実行してみてください。それらをやり遂げた先には、子ども達の大きな成長と進化がカタチになって現れて来ている筈ですので、それを楽しみに毎日のテーマとその課題に、子ども達と一緒になって全力で取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

円周率 345

次の記事

計算ドリル 347