ニュース 340

子ども達をスペシャリストにしたいのならば、毎日ニュースを見て、親子で語り合う習慣を身に付けてください。親子の対話を活性化する上でも、毎日のニュースを題材にして、家庭内で自分の意見や感想を述べ合うことは、アウトプットの能力や論理的にわかり易く説明する訓練やコミニュケーションが上達する上でも、とても効果的で重要なトレーニングになるのでお勧め致します。
中学校受験になると、社会科では時事問題が出題されるので、ニュースは必須になりますが、受験直前の対策で、慌ててニュースを見始めても、深く考えたり、自分の中で分析して、答えを纏めるのは容易なことではありません。毎日の生活に関連するからこそ、身を持ってニュースの意味が理解出来るようになるからなのです。

ニュースのメリットは、
①自分が社会の一員である事や。自分のポジションについて意識するきっかけになります。
②国内外問わず、政治、経済など幅広く世界の最新の情勢を知ることができる。
③あらゆる分野のトレンドや専門知識を把握することができる。また、知ったことを元に選挙では、自身の考えに沿った有効な投票ができる。
④犯罪の手口などを知っておくことで、未然に予防することができる。
⑤事故の原因やその事例を見ることで、想定外の事故を予測できるようになる
⑥法律が社会で実際に適用されている例を知ることができる。
⑦反対に、ニュースは政治の力で色付けされているので、本当の情報は自分の眼で確かめなければならないことにも気が付きます。
子ども達がニュースを見る習慣を定着させる為には、例えばTVであれば、最初の1分だけでもよいので、子ども達と一緒にニュースを見て、語り合う習慣をつけてください。新聞であれば1面の写真と大きな字で書いてある最初の記事。インターネットであれば、13字以内で書かれているYahoo!のトップニュースなどを見せるだけで良いので、子ども達と一緒に語り合う習慣をつけてください。自分の興味がある分野については、とことん情報を確認する習慣が付くので、スペシャリストの入口に立つ事が出来るようになります。
家庭内で対話をするか否かと言う環境の差が、受験での成績やコミュニケーション能力にも直結していることは、意外に見落とされてしまいがちな現実なのです。

 そして、私がブログに書いている毎日のテーマを必須課題だと意識して1番から365番まで実行してみてください。それらをやり遂げた先には、子ども達の大きな成長と進化がカタチになって現れて来ている筈ですので、それを楽しみに毎日のテーマとその課題に、子ども達と一緒になって全力で取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

図書館 339

次の記事

好きなこと 341