ITリテラシー

ITリテラシー(しらみつぶし型思考)「ITの技術で見つけ出せる」力があれば将来、ITスペシャリストになれます。
『しらみつぶし型思考』とは、ルールを作って、もれなくひとつずつ確認しながら解いていく方法です。
私も自分の息子には国際性とITリテラシーは必須科目と考えて、幼い頃から教育をしました。
小学校の高学年になる頃には、自然にブラインドタッチでPCを操れるようになり、インターネット上で必要な作業ができるようになりました。TVについては、時間が無かったこともあり、必ず録画をして、倍速や早送りで観させる習慣としました。
TVの正しい観方は、受身になって見させられるのが絶対にダメだからなのです。
「答えはCMの後で」に付き合っている受身型人間になったらおしまいなのです。やはりビデオ録画して倍速で必要な場面だけを短時間で観るのが正解です。
ところで、ITリテラシーは父親が一番の先生になれる分野です。
会社などで当たり前のように行っている、パソコン入力・ワープロ・エクセル・パワーポイントなどは、できるだけ早い時期に、父親が一緒に教えることが大切です。
小学校の高学年になれば、自分の欲しいものもインターネット検索で、どんな特別品がお手頃価格で、どこで買えるのか、といった情報を自分から必死になって探し出せるようになります。
そして、自分が死んでも子ども達が自分1人で生きて行けるようにと考えると、ITリテラシーは私にとっては外すことのできない項目です。
AI時代だからこそ、目に見えない物を形にする能力が必要ですが、見えない情報を取りに行く際、またそれを目に見える形にする上で、最も重要なツールがITツールです。
ですから自分の息子には早い時期から、コンピューターで検索する事を覚えさせました。辞書や図鑑で検索する方法も低学年の内に基本を覚えさせますが、高学年になってくると、必要な情報や要求するレベルが格段に高くなるので、コンピユ―ターでないと追いつけません。
特に力を入れたのは、「検索のコツ」で、それらを色々とアドバイスしました。まるで連想ゲームのように、どのような情報源を使うのか、どのような検索キーワードと関連事項を組み合わせるか、という発想の展開がとても重要です。
また、自分で考えトライアンドエラーで答えに辿り着くことが、最も大切で教えなければならないポイントでした。
もしも期待した答えが出てこなかったときには、なぜ答えが出てこないのか、何が悪かったのかということを必ず考え直して、次のアクションに「繋げて行く方法」を覚える経験が貴重です。
ところで、情報化社会においては、ITリテラシーが高く、IT技術を使って問題を解決する場面が一層増えます。
ですから、早くからIT技術を身に着け、対処できるような人間へと、子ども達を育てておかなければなりません。

昔は辞書や図鑑や電子辞書でわからないことを調べるのが当たり前でしたが、今やインターネット検索が最も早く正確に大量の情報から必要な情報をゲットできる時代になりました。
インターネットで検索することを「ググる」と言う時代なのです。
情報が莫大でカオスの時代に、必要な情報を的確に引き出す技術こそが大切です。
まずは、どのような「キーワード」の組合せで、知りたい情報が浮かび上がるかを検索検証し、より短い時間で本当に必要な情報に辿り着けるようになります。
もしこの技術が無ければ、永遠に大海原を漂流し続けなければなりません。引き出した情報はそのまま使うのもヨシ、また、分析手法を使って分析することで、さらに奥深い情報へと姿を変えることも可能です。
子ども達の学習方法もスタディサプリ等のネット事業形式にどんどん置き換わっていくので、ネットを使いこなせる者達が次世代を優位に動かして行くのです。
ネット検索・SNS・プログラミングといった、ITリテラシー教育を早いうちからやるべきです。
よく、アダルトサイトにアクセスしたり、接続してはいけない情報にアクセスするのが心配で、使わせないという家庭もありますが、子ども達と使う上でのルールをしっかりと取り決めて、約束を交わした上で始めれば、大きな問題にならないと考えます。

 そして、私がブログに書いている毎日のテーマを必須課題だと意識して1番から365番まで実行してみてください。それらをやり遂げた先には、子ども達の大きな成長と進化がカタチになって現れて来ている筈ですので、それを楽しみに毎日のテーマとその課題に、子ども達と一緒になって全力で取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ハサミ切り工作 329

次の記事

プログラミング 330