プラモデル 324

子ども達の仮説検証力を鍛えさせたいのであれば、プラモデル(ガンプラ724円~Amazonn調べ)で遊ばせてあげてください。私は子どもの頃、風邪をひいたりして、外出出来ず学校にも行けない時に親に買って貰ってプラモデルを組み立てた想い出があります。
長時間集中して作り続けることが出来るプラキモデルは、精神的に心地良い脳波を長い間出し続けているため、脳に良いと同時に、深い没頭は頭をリフレッシュする効果があります。そして、完成した時の達成感がプラモデルの楽しさなのです。またプラモデルは、仮説検証力をつけるのに、とてもよい道具なのです。
完成図は、プラモデルの箱や説明書に書いてあるので、完全図は頭に入っているものの、バラバラな部品をひとつずつ組み立てて完成させていく過程を確認できることで、カオス状態での訓練になると考えます。
プラモデルを上手に組み立てる為には、完全図をいかに正確にイメージ出来るかがポイントとなるのです。
子ども達が、プラモデルの作成を通じて、このイメージ力を鍛えると、どんな時でも、完全図をイメージし、その為に必要な部品や作業過程も含めてイメージが見えるようになるので、失敗すること無く完成まで辿り着けるようになるのです。
完全図は仮説とも同じ意味になるので、立てた仮説を検証し確認まで結びつける仮説検証力が飛躍的に向上出来るのです。
子ども達がプラモデルを上手に完全出来るようになる為には、先ずは子ども達が一番大好きなジャンヌのプラモデルを選んであげることが大切になります。好きなモノだからこそ絶対に完成させてみたいと言う、モチベーションが高まるからなのです。また、両親が難しいポイントをクリアーするノウハウを事前に教えてあげることも必要になります。
例えば、セメダインの塗り方や量の調整、乾かし方等を教えておけば、失敗するリスクも抑えることが出来るからなのです。一度完成させる喜びを覚えた子ども達は、更に難しいテーマに挑戦してみたくなり、チャレンジ精神に火がつく筈だからなのです。

 そして、私がブログに書いている毎日のテーマを必須課題だと意識して1番から365番まで実行してみてください。それらをやり遂げた先には、子ども達の大きな成長と進化がカタチになって現れて来ている筈ですので、それを楽しみに毎日のテーマとその課題に、子ども達と一緒になって全力で取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

夏休み自由研究 323

次の記事

理科実験 325