工場見学 317

子ども達に企画力を付けさせたいのであれば、工場見学に連れて行ってあげましょう。
工場見学は学校任にしていては大変勿体ないのです。 個人やグループでも見学を受付ける工場が増えていますので、家族でもどんどん申し込みをして参加してみてください。
工場見学でも、たくさん「ワクワクドキドキ」や『好奇心』が子ども達に生まれるからなのです。
工場見学は、沢山学べて、感動して、美味しく、お土産つきならとてもお得なレジャーにもなります。
なによりも、子ども達が社会の仕組みや大きさを認識できる良い機会だからなのです。
当教室でも、過去には郊外学習としてチョコレート工場やカップルヌードルミュージアムの見学に出掛けて、日頃お菓子屋さんやスーパーでお世話になっている製品がどのように作られるかを見学しました。
チョコレート工場では、レアキャラクターの入ったチョコレートのお土産やチョコレートに関する絵本まで貰えて楽しくお得な時間を過ごせました。
また、ビール工場や自動車工場の見学も、その大きさ、速さ、正確さにビックリさせられますが、子ども達が一番喜ぶのは、ジュースやミニカーをお土産に貰えることかもしれません。
また、カップヌードルミュージアムでは、自分オリジナルのカップヌードルを作ってお土産にして楽しむことが出来ました。
子ども達に工場見学を体験させるには、親が事前申し込みをしてあげなければ始まりません。
特に夏休みは予約が殺到して抽選になったりするので、抽選日前からしっかりと準備をする必要があるのです。子ども達の工場見学の体験は掛け替えの無い経験として、将来の目標や仕事に繋がるかもしれませんので、是非ともそんなチャンスを子ども達にプレゼントしてあげてください。

 そして、私がブログに書いている毎日のテーマを必須課題だと意識して1番から365番まで実行してみてください。それらをやり遂げた先には、子ども達の大きな成長と進化がカタチになって現れて来ている筈ですので、それを楽しみに毎日のテーマとその課題に、子ども達と一緒になって全力で取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

構造化 316

次の記事

引き算で考える 318