深呼吸 299

子ども達に集中力を付けさせたいのならば、深呼吸をする習慣を付けさせてあげてください。
「5秒吸い、3秒止めて、8秒吐く」という深呼吸方法を、3回やるだけで大丈夫なのです。さらに目を閉じて、深呼吸の作業を5~10分間連続して行うと、今度は「瞑想」に発展するのだそうです。
深呼吸は、米国のシリコンバレーでブームになっていることからもわかるとおり、瞑想にはリラックス効果があるだけで無く、集中力や創造力を生みだすとも考えられているのです。

深呼吸の効果は、
①ストレスコントロールができる
深呼吸をすると副交感神経が優位になります。 すると、α波(アルファー波)、θ波(シータ波)が出て、脳からはセロトニンが分泌されます。 このセロトニンがハッピーホルモンの正体なのです。セロトニンはストレスを緩和、心を安定化し、爽快感、幸せな感を引き起こす脳内物質だからなのです。
②緊張をほぐせる
セロトニンによって緊張感もほぐすことが出来るのです。
③アンチエイジング効果
ストレスが緩和されることで、細胞が傷ついたり劣化することが抑えられます。また自然治癒力が正常に働く結果、アンチエイジングにも繋がるのです。
④血圧が安定する
血管が圧迫されたり、詰まったりすることが無くなって、血圧も安定します。
⑤安眠効果
ストレスが無くなれば、質の高い睡眠を取ることが出来、毎日清々しい朝を迎えることが出来るようになります。
⑥冷え性の改善
血の流れが正常であれば、冷え性からも解放されて当然なのです。
⑦便秘の解消
血液の流れ同様に、大腸も正常に機能し、便秘が解消されることになるでしょう。
⑧集中力の向上
深呼吸によって肺に取り込まれる酸素は、血液に溶け込み、毛細血管を経由して全身の細胞に届けられていきます。ゆっくりと深く呼吸をすれば、肺に取り込まれる酸素量が増え、酸素を運ぶ全身の血流量もアップします。その結果、全身の細胞が活性化し全身にエネルギーが行き渡るので、集中力がアップします。
⑨怪我の治癒や疲労の回復
自然治癒力が活発になるので、たとえ怪我や疲労をしても、直ぐに回復出来るようになるでしょう。
⑩肩こりの解消
身体全体の血液の流れが良くなれば、今までが嘘のように肩こりからも解消される筈なのです。
⑪抗うつ効果
脳内でセロトニンが分泌されることで、うつからも解放されます。
⑫ダイエット効果
身体が健康になれば、ストレスで暴飲暴食をすることも無くなり、無駄な食事や飲み物も欲しくなくなります。
その結果、ダイエットが出来るようになると言われています。
子ども達に深呼吸の習慣を付けさせる為には、運動の時にはもちろんのこと、何かを始める前には深呼吸をしてから始めるルールにしてみてください。例えば、いただきますをする際にも、一回を瞑って呼吸を整える習慣とすれば、短時間でもその効果は高いと考えます。
きっと将来ピンチになった時にも、深呼吸をしてから冷静になって物事が判断出来るようになる筈だからなのです。

 そして、私がブログに書いている毎日のテーマを必須課題だと意識して1番から365番まで実行してみてください。それらをやり遂げた先には、お子さんたちの大きな成長と進化がカタチになって現れて来ている筈ですので、それを楽しみに毎日のテーマとその課題に、お子さんと一緒になって全力で取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

集中力

次の記事

競争心 300