定期テスト 295

子ども達に勤勉性を身に付けさせたいのであれば、学校の定期テスト前にしっかりと準備をさせてあげてください。小学校のカラーテストは100点が取れるように作られているので、もちろん100点満点を取って来ることは素晴らしいのですが、それで天狗になってはならないのです。100点を取ることを当たり前にして、ミスをしないように慎重に取り組む姿勢が大切となるのです。
そして、学校以外では漢字検定や算数検定や英語検定を定期的に受験させてあげてください。
漢字検定については、1年生時の10級から学年ごとに1級ずつ上がって行くように設定がなされているのですが、敢えて先取りをさせて1学年上の級を取得していく方法がコツになります。そして小学校六年生までに、ひとつ上の四級を取得することが一つの基準値となります。
もし検定級を取得しておけば、高校受験や大学受験の際にポイントが加算されますので、大変お得になりますので、コツコツと取得していくことをお薦め致します。
小学校では漢字練習等は、学校で習う前に先取りしては行けないと言う教員もおりますが、騙されてはいけません。中学校受験で成功するご家庭は、ほぼ全家庭で幼少期からの先取り学習を実践しているからです。
漢字検定の準備と見直しがしっかりとできるご家庭は、中学受験の際にも困りません。困る家庭は、漢字検定を受験してない家庭が多いとハッキリ言えるのです。
漢字検定は準会場受験ならば、ほぼ毎月テストが開催されております。また算数検定も近所の塾等の準会場ならばほぼ2ヶ月ごとに開催されております。
英検だけは5月、10月、1月頃の年3回のみの開催なので、早めに計画を立てて準備をするようにしてください。

 子ども達に定期テストの準備をさせるには、毎日の学習ルーティンが確立されていなければなりません。
少し早起きをして、リビングで勉強をしてから学校に行く習慣を付けるこそが最強のノウハウとなります。
また、定期的に漢字検定等を受けていれば、次の受験日に合わせて、学習のスケジュールが自動的に決まって行きます。それに合わせて、逆算をしながら、毎日の学習を進める習慣が自然に身に付いてしまうので、テストを受けたく無いとか、勉強をしたく無いと全く言わなくなるからなのです。
むしろ、絶対に合格したいから、毎日頑張るぞと、自らにハッパをかけて努力することが当たり前となるからなのです。

 そして、私がブログに書いている毎日のテーマを必須課題だと意識して1番から365番まで実行してみてください。それらをやり遂げた先には、お子さんたちの大きな成長と進化がカタチになって現れて来ている筈ですので、それを楽しみに毎日のテーマとその課題に、お子さんと一緒になって全力で取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

コツコツ 294

次の記事

試合 296