ギブアンドギブ

ギブアンドギブ「インセンティブ与えられる」
力があれば将来、人にインセンティブを与え続けられるリーダーになれます。
リーダーの果たすべき責任の八つ目は「インセンティブ」を与えることです。
子ども達を、人から何かを貰う人間では無く、人に与え続けられる人間に育ててあげてください。
私は、自分の息子がメディア業界、インターネット動画の作成で、どのようなインセンティブを読者や視聴者に与えていけるのか、今後が益々愉しみです。
「なぜTVじゃダメなのか?」「なぜインターネットなのか?」「TVとインターネットの違いは何なのか?」という問題になると思います。
その上で「TVでのインセンティブ」「インターネット上でのインセンティブ」の違いを発明していかなければなりません。
そして、おそらく究極の答えは「自己実現」となります。
例えば、あまりお金を掛けずに、具体的に今すぐにスタートアップ企業にでも簡単に与えられるインセンティブとは、
①社内プレゼン優秀者やスターパフォーマーを表彰する。
②社員に権限と裁量を与える。
③最新ITかつ心温まるオフィス環境を与える。
④社員に失敗のチャンスを与える。
⑤セミナー、ブレインストーミングで話し合う機会を与える。
イエスキリストの教えではありませんが「右の頬を殴られたら左の頬を差し出せ」――これは新約聖書内 『マタイによる福音書』にもある通り、そんな心の広い人間になって欲しいと思います。
人が集まって来る理由の一つは、何かしら自分にメリットがあるからなので、メリットになることを与え続けることも、リーダーには要求されます。ところでリーダーにとって必要なのは、人々の興味を引き、集まった人々の意見を纏めて、目的の方向に導くことです。
人々の興味を引く為には、やはり何かを提供しなければなりません。
それは情報、情熱、モティベーション、機会、お金、人脈など、人によって異なります。その中で大切な考え方は、「ギブアンドギブ」です。
ビジネス等では、お互いにメリットのある取引を「ギブアンドテイク」という言葉で表し、何かを与えるから何かをよこせのような発想となっています。それらの考え方は合理的で間違いではありませんが、本当に強い推進力を生むためには「ギブアンドギブ」という思い切った奉仕の精神も必要です。最近では「WinWinの関係」という表現の仕方もありますが、「ギブアンドギブ」によって結果として自分にもメリットが返ってくるので、両者ともハッピーになる「WinWinの関係」となれます。

 ところで人間にとって理性も大切なのですが、原始的な感情は、もっと重要な要素です。理屈では分かっていても、感情的に抑えられないこと、自然に喜びがこみ上げてくる、または自然に涙が零れ落ちることは、人間ならば当たり前で、理性だけで割り切れるものでありません。そして、それらの感情を育てるのに良い機会となるのが、運動会や学芸会で燃え上がることです。
子ども達に、リーダーシップの力を付けさせる為には、ギブアンドギブが実践出来るように、家庭でも学校でも過ごさせてあげてください。
ギブアンドギブのマインドで毎日生活をすることで、それが将来実を結ぶ筈だからなのです。

 そして、私がブログに書いている毎日のテーマを必須課題だと意識して1番から365番まで実行してみてください。それらをやり遂げた先には、子ども達たちの大きな成長と進化がカタチになって現れて来ている筈ですので、それを楽しみに毎日のテーマとその課題に、子ども達と一緒になって全力で取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ユーモア 239

次の記事

環境 240