即断即決

 「即断即決できる」力があれば将来、何事も一番早く出来る人になれます。
リーダーの果たすべき責任の五つ目は「評価」をすることです。子ども達にリーダーシップの力を付けさせる為には、子ども達を即断即決出来るように育ててあげてください。
私の息子の所属するメディア業界、インターネット業界程、スピードの要求される業界はありません。スピードこそが会社の運命を担っているのと同時に、正しい判断を下さなければ、たちどころに遅れて会社が衰退してしまいます。
またDeNa社が著作権問題でキュレーション事業を撤退したように、著作権や、プライバシー等の厳しい評価がなされる業界でもあるのです。
ですから、スピードと正しい判断力の両方を持ち合わせて行かなければ、あっという間に転落してしまう世界なのです。

ところで、世の中の情勢や現在の状況が目まぐるしく変わっていく中で、リーダーに要求されることは、スピードを持って即断即決することなのです。
逆に言えば、間違った決断をすることもあるということなのですが、もし間違ったことに気付いた際には、いかに早く謝り、その間違いを訂正できるかも、リーダーの能力と器に掛かっているのです。
私は子ども達に対しても、いつもキビキビ行動するように教育してきたので、もちろん決断も早くなりました。レストランに行った時にも、直ぐに自分の食べたいものを決断できるように教育しました。
もしも決断ができなければ、あと1分以内などの時間制限を加えるのも効果的です。そうするとプレッシャーが掛かった状態で決断するので、たまに焦って間違えて、泣きべそをかいて後悔することになるのです。そんな時に自分の気持ちを切り替えて、対応して行く習慣こそが子ども達にとっては、ずっと重要になるのです。

ところで現代社会は、時は金なりで、スピードでビジネスの明暗が分かれることも良くある話です。
ですからリーダーには、即断即決でしかも合理的で最善の結論を出すことが要求されます。
そのためには、条件反射のように、バッタバッタと意思決定をするためのスピード練習が必要です。
幼児教育のなかでは、ドッツカードやフラッシュカード、または速読速聴と言うトレーニング方法があります。またスピードを競う、しりとり遊びや、かるた取りなどを、幼児期から遊びとしてやってきた子ども達には、当たり前のように身に備わっている技術なのです。
そして自分自身の意見を言えるようになったならば、次にはそれを実行できるようになって欲しいのです。
世の中には、屁理屈ばかりを言って全く動かない人間もいますが、自分が言ったことに対しては有言実行で、必ずやり遂げることができる人間に育てたいです。一旦言ったことは最後まで必ずやり遂げる。たとえ遊びでも、一旦始めたことは最後までやる。始めた習い事でも、区切りまではしっかり最後までやり遂げさせることが大切なのです。
もしも小さなことだからと言って見逃してしまうと、一事が万事で、全てがいい加減になってしまうからなのです。目的を成功させるためには言霊の力も必要なので、まずは言葉で宣言をしてから始めさせてください。
宣言をしたからには、必ず実現出来るようにするのです。その為には、直ぐに動き始めなければなりません。とにかく直ぐに取り掛かる習慣をつけることこそが大切です。 「あと5分休んだら勉強を始める」「あと5分だけ待ってもらえる」といった発言をして守れる人間は殆どおりません。「口より先に手足を動かせ」は「有言実行」「即断即決」を実現するための鉄則なのです。
子ども達が即断即決出来るようになる為にも、家庭での毎日の生活を即断即決が当たり前で、スピーディーなペースで過ごすことを心掛けてあげてください。リーダーとしての重要な能力が備わる筈だからです。

 そして、私がブログに書いている毎日のテーマを必須課題だと意識して1番から365番まで実行してみてください。それらをやり遂げた先には、子ども達たちの大きな成長と進化がカタチになって現れて来ている筈ですので、それを楽しみに毎日のテーマとその課題に、子ども達と一緒になって全力で取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

仲間遊び 225

次の記事

即答力 226