ハブになる力

 ハブになる力「旗を揚げられる」があれば将来、世界的なリーダーになれます。
リーダーの果たすべき責任の一つ目は「組織」を創ることです。
自転車のスポークを中心で支えるハブ、世界中の飛行機発着の起点となるハブ空港のように、自らが輪の中心となり、人々との繋がりを方針円状に広めていくように拡げて、仲間や組織の繋がりを築いて行く方法が21世紀のリーダーシップのあり方なのです。
そして子ども達には、世界のリーダーを目指して欲しいのです。
その為には、自分から大きな「ワクワクドキドキ」を発信していかなければなりません。
たとえば、ベンチャー企業の経営サイドというポジションは、やれるチャンスや可能性が大いにあり、やらなければならないポジションなのです。

ところで、子ども達に対しても、自分が大きな輪の中心に立って、様々な人々と協力し、大きな仕事ができるようになって欲しいのです。
そしてその際に必要なのは、人々が集まる上での求心力となる旗印を掲げることなのです。
自分がこれからやろうとする、大きな夢と目標を、皆に広く知らしめ、その象徴となる旗を掲げることです。
そして、その際に重要なのは、自分自身の力で立ち上げること、そしてSNSやブログやITツールを活用して、より広く自分の理想を拡げることなのです。
「リーダーシップ」は、これからの世の中で特に必要とされる能力です。
自分で組織を創り上げるためには、昔のようにピラミッド構造で、自分がピラミッドに頂上に立って、トップダウンで指示をするような体制、つまり主人と奴隷の関係で築き上げられる組織では、成り立ちません。
自分が中心となり、人々の連携の仲立ちをしながら、その組織を方針円状に広げていくハブ組織こそが、21世紀に必要とされる組織なのです。
そのためには、はじめは小さくとも自分から組織を立ち上げる力が必要です。自分ひとりで、サークルを立ち上げる、クラブを作る、NGOを設立する、会社を作るなど自分が核となって組織を創り上げて行くという自覚が必要なのです。
そしてその中で一番要求される能力が、ハブとなる能力なのです。
コミュニュケーション能力、こちららか提案する、アドバイスする、推薦するなど、最初はギブアンドギブで一方的に与え続けるような地道な作業を続けていくことで、最終的には大きな組織を創り上げ、中心のハブにいる自分にもメリットがフィードバックされる仕組になっていることを忘れてはなりません。
子ども達にリーダーシップの能力をつけさせる為には、子ども達自身が自分ひとりで、新しい組織を立ち上げ、コミュニケーションの輪を広げて行ける環境を与えてあげてください。
両親はあくまでも後方支援に徹して、余計な手出しはしないことが重要になるのです。

 そして、私がブログに書いている毎日のテーマを必須課題だと意識して1番から365番まで実行してみてください。それらをやり遂げた先には、子ども達の大きな成長と進化がカタチになって現れて来ている筈ですので、それを楽しみに毎日のテーマとその課題に、子ども達と一緒になって全力で取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

リーダーシップ

次の記事

サイト開設 211