一貫性 203

 子ども達の信頼性を高める為に、一貫性を教えてあげてください。
一貫性とは、始めから終わりまで方針がブレずに進めていくことを意味しています。一貫性を持つことは、他者から信頼されやすく高評価をされます。
他人から押し付けられて動くのでは無く、自分の強い意思で動くからこそブレないのです。
一方、一貫性のない人は他人の意見に一喜一憂し、不信感を抱かれやすく、低評価になりやすい傾向があります。
一貫性があることは、相手に対して信頼性を与えることができ、信用できる人物として重宝されます。しかし、一貫性を身に着けるためには、毎日の地道な努力が必要になってきます。

一貫性があることのメリットは、
①信頼を得る
考え方がしっかりしていて、決してブレないため、あいまいな答えを出さずに、常に正確な答えを直ぐに出してきます。そのため、周りの人から高評価を得やすく信頼できる人物として、重宝されます。
②何事にも重宝される
ブレない考え方と、自分の行動と発言に責任を持っている為、一貫性がある人は何事にも重宝されます。そのため、相談相手や会社では、責任感のある重要なポストとしての役割を与えられる傾向にあります。
③実績の安定化ができる
やっていることにブレがなく筋道が通っているため、安定して物事を進めていくことが出来ます。
また、何事にも責任をもって行動していくので、信頼を得やすく実績を着実に積み上げていきます。
子ども達の一貫性を高めたいのであれば、先ずは両親が一貫性を持ち続けることが重要なのです。
一貫性を持つことが、いかに安心感を生み出し、生活を心地良いものにするかと言うことを、毎日の生活を通して実感させてあげてください。
どんな問題に直面しても、慌てずに対処出来るようになって行く筈だからなのです。

 そして、私がブログに書いている毎日のテーマを必須課題だと意識して1番から365番まで実行してみてください。それらをやり遂げた先には、お子さんたちの大きな成長と進化がカタチになって現れて来ている筈ですので、それを楽しみに毎日のテーマとその課題に、お子さんと一緒になって全力で取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

本音で語れる 202