思いやりの心

 思いやりの心「他人を思いやれる」力があれば、将来、道具を大切に扱える人になれます。
私は息子に、思いやりの気持ちを持てるように躾て参りました。その結果として、人に思い遣りを持てる人間に育ちました。
思い遣りの気持ちは、人に対してだけではなく、野球の道具を大切に扱うことや、施設や周りの環境に対しても思いやりを持って対処できるような人間になりました。
また、おもてなしの心も、日本人だからこそできる強みです。
日本人が安全な環境で、毎日安心して生活できるのは、このような心遣いができるからです。
街中では、すれ違いざまに、お互いに避けあう、傘をさすときにお互いに気を遣う、「江戸しぐさ」という習慣は、まさに粋な江戸っ子にとっては常識でした。現代では、ドライバーが他人の車に道を譲ってもらったなら、ハザードランプや、パッシングや手をあげてお礼の合図をする行為は、生活を円滑にするための貴重なマナーとなっています。
たとえ法律で明文化されていないルールでも、しっかりと守れることこそが、日本人であることの証しなのです。
ところで、日本人の良さは他人を思いやれるところにあります。
おもてなしができるのも、相手に対しての思いやりがあってこそなのです。東日本大震災の時にも、海外から絶賛されたのが、災害時に掠奪やドロボーが出ず、配給には真面目に並んで順番を待つ文化なのです。
本当に困って、自分も苦しい時なのに、人のことまで思いやれるその心の広さが日本人の良い所なのです。
私達はそのような心を、子ども達の世代にも伝えて行かなければなりません。
シーソーという乗り物が、最近の公園には見られなくなってしまいましたが、シーソーは思いやりの気持ちが無いと成立しない遊具です。シーソーは17世紀に欧州で始まった遊具なのですが、とても日本的な遊具だと私は思います。一方だけが主張するのでは重い方に傾きっぱなしで止まったままになってしまいます。
相手への思いやり、おもてなしこれが日本人の一番良い所なのです。日本人が長生きする理由も、ソーシャルキャピタルといわれる、支え合う社会が存在するからなのです。
相手のことを思いやれる人間は、暴言を吐いたり、人を虐めたりすることもありません。
最近のネット社会でのディスり、汚い言葉や他人を侮辱する言葉には目を覆うばかりのモノがあり、日本人の大和魂が失われつつあるという危機感を感じてしまいます。
多くの日本人が大和魂を取り戻し、子ども達に思いやりの心が育てば、ネット社会においても、正しい言葉で、正しい議論が行われるようになり、正しい秩序も保たれて行くようになると信じています。
子ども達の思いやりの心を育てるには、日本人の歴史や大和魂を教え、平和に過ごせることに感謝をして、毎日生活をする習慣を身に付けさせてあげてください。

 そして、私がブログに書いている毎日のテーマを必須課題だと意識して1番から365番まで実行してみてください。それらをやり遂げた先には、お子さんたちの大きな成長と進化がカタチになって現れて来ている筈ですので、それを楽しみに毎日のテーマとその課題に、お子さんと一緒になって全力で取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

親子対話 193

次の記事

思いやり 194