笑顔 169

 子ども達の信頼性を高めてあげたいと考えるならば、笑顔が溢れる生活習慣を心掛けて行きましょう。
それには、先ずは両親がいつもニコニコと笑顔を振り撒くことが基本になります。
そうすれば、それに釣られて子ども達もいつもニコニコするのが、自然かつ当たり前の生活になって行くからなのです。
自分は、人からあまり信頼されていないのだと疑ってしまう方も多いのではないかと思いますが、かと言って信頼性を高める為に、詐欺師のように言葉巧みな話術話術を駆使してしまうと、逆効果になってしまうかもしれません。
最近の研究結果では「信頼性」というものは「言葉」よりも顔の表情によって判断されることがあきらかになりました。
人は、相手を信頼性するかどうかの基準として、顔の筋肉によって判断しているということなのです。具体的に言うと、怒っている人よりも笑顔の人を信頼する傾向にあるということです。それは人間が本能的に、顔の骨格や表情を読み取り「信頼できる人間だ」と脳内で処理してしまうことから来ているのだと考えられます。
一般的な認識では、相手を信頼する際に「言葉」や「資料」そして具体性・事実などを根拠として「真偽」を見極めるのだと考えるのですが、実はそうではなく、表情でまず判断するという研究結果が出ているのです。
ですから、信頼性を高める為にも笑顔を振り撒くことはとても大切だと言うことがわかるのです。
さらに笑顔は、有能性(頭が良い)という印象も与えてくれるのだそうです。
子ども達が、社会に出てからも上手に世の中を渡って欲しいと期待するのであれば、家庭内からいつもポジティブで、笑顔が溢れる環境にして行くように心掛けてみてください。

 そして、私がブログに書いている毎日のテーマを必須課題だと意識して1番から365番まで実行してみてください。それらをやり遂げた先には、お子さんたちの大きな成長と進化がカタチになって現れて来ている筈ですので、それを楽しみに毎日のテーマとその課題に、お子さんと一緒になって全力で取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

声出し 168

次の記事

蛙の子は蛙 170