規則正しい生活習慣

 幼児の頃から規則正しい生活を身に付けておくと、 一生涯規則正しい生活習慣を持続出来る人間になれます。
規則正しい生活習慣のメリットは、
①主体性が高まる
重要な時間を確保することが出来、生活ストレスも少なくなるので、余裕を持って自分がやりたいことに取り組めるようになります。
②健康になる
不摂生だとカラダを壊す危険性が高いのですが、それが無いので、カラダのリズムが整い、睡眠時間も確保出来、健康的な生活が送れるようになります。
③頭の回転が速く活発的になる
余計なことに巻き込まれたり、考えたりする事が少なくなり、効率的に物事を考えたり、処理出来るようになります。
④ルールを守れる
ダラダラと行き当たりばったりの行動をしていると、やがては約束を守れなかったり、ルールを破ったりする結果になってしまいます。
規則正しい生活をしていれば、素早く解決出来るので、結果的にルールを破ってしまうことも防げるのです。

 ところで日本の学校では、正しい生活を学ぶ場所でもあるので、決められた時間ぴったりに学校は始まり、決められた時間割に基づき進められる場所なのです。
授業が始まれば、全員がお行儀よく椅子に座って、黙って先生の講義を聞き、先生の指示に従い授業が展開していきます。
授業後は決められた休み時間や給食の時間、ホームルームの時間やお掃除の時間通りに、すべてのカリキュラムが進みます。
遅刻や早退が出ないように、毎日緊張した生活を送るのです。
毎日決まった時間に授業が始まり、決められた時間に学校は終わるので、学校に通っている平日については、とても規則正しい生活ができる仕組みになっています。
しかしながら、学校が休みの土日祝日や夏休みなどの長期休暇中は、各家庭の管理と移るので、生活習慣が乱れる生徒も多く、特に夏休み明けに学校が再開された時期には、授業や学校の生活習慣についていけなくなる生徒が出易いのです。
以上のように、規則正しい生活はとても大切な習慣なのですが、決められたままに行動するだけの、受け身型の指示待ち人間になってしまっては、これからの世界では通用しません。
絶えず自分の頭で考えて、主体的に行動する習慣を学ぶ環境こそが教育現場では、要求されるのです。
子ども達の主体性を伸ばす為には、管理される人間では無く、自分自身を管理コントロール出来る人間に育てなければなりません。
その為の第一歩が、規則正しい生活を通じて、自分自身を管理コントロールして行くことなのです。
子ども達に、規則正しい生活習慣を身に付けさせてあげてください。

 そして、私がブログに書いている毎日のテーマを必須課題だと意識して1番から365番まで実行してみてください。それらをやり遂げた先には、お子さんたちの大きな成長と進化がカタチになって現れて来ている筈ですので、それを楽しみに毎日のテーマとその課題に、お子さんと一緒になって全力で取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

主体性のまとめ

次の記事

早寝早起き 160