プレゼンテーション能力

プレゼンテーション能力(発表力)「理論を図表化できる」力があれば将来、学校の通知表でオール5を取れるようになります。
息子には、元メジャーリーガーのイチロー選手やヤクルトの嶋選手の学校時代の通知表はオール5なのだから、「一流の野球選手になりたいなら、学校の成績はオール5を目指しなさい。」と教えてきました。また実際に規則正しい生活習慣を実践できたことで、学校の成績は、ほぼオール5を取ることが出来ました。
また自分で発表できるようにプレゼンテーションの能力を付けてきたので、現在の会社でもアップルノートでのプレゼンテーションはお手の物、というまでになりました。
実際に高校入試の推薦試験では、評定平均が高いことや、面接やディベートで自分の意見を発表することを求められていたので、それらの能力は、ずっと役に立ってきたと思います。

ところで、プレゼンテーションをするのなら、プロジェクター上のパワーポイントや目の前のホワイトボードに、分かりやすい図表やグラフを描いて説明して欲しいのです。人間は自分の意見でさえも、頭の中だけでまとめるのは難しい生き物。
ところが、自分で図表やグラフを描いている最中に、そのアイディアはどんどん固まっていき、論理的な結論へと導いてくれるのです。
おそらく人間の脳の構造がそのようにできているからでしょう。ですからプレゼンテーションを聞く方も同じで、図表やグラフを介することで、論理的な理解が一気に深まっていきます。となると、どのような図表やグラフを用いて説明するかが大きなポイントになるのです。
素晴らしいアイディアであればあるほど、見学者にそのアイディアを伝えるために、図表やグラフに置き換えるトランスレーターの仕事は重大となります。
いくら創造力のある素晴らしい製品やアイディアであっても、それを消費者や市場に認知してもらわなければ、せっかくの発明も広まりません。
ですから、発明した製品やサービスの素晴らしさや今後の可能性を、認知してもらえるだけの発表力、表現力が必要とされるのです。
一番わかりやすい例が、プレゼンテーションやCM等の宣伝効果だと思います。
プレゼンテーションの能力や広告のセンスやデザインといったクリエイティビティが同時に要求されてきます。「クリエイター」は発明家であると同時に表現者でなければなりません。
発表力や表現力を子ども達に身に着けさせるには、まずは読書感想文が最適です。小学生の頃から夏休みの宿題の定番となっていましたが、最近では選択課題になってしまい、出しても出さなくても自由になっている学校が増えているようです。
ワンパクな子どもたちの多くが、読書感想文なんて書けないと、大暴れして、課題の提出にほとほと苦労する家庭も多かったと思いますが、そうだからこそ、読書感想文を書かせることは重要な教育なのだと考えます。まずは、しっかりと座って本を読む習慣がなければなりません。また主人公や登場人物の気持ちになれる、思いやりの心が必要です。もちろん、本を読む漢字力や読書力がなければなりません。
文章全体を把握する論理力も必要ですし、内容を要約し解釈する読解力も必要ですし、最後には極めつけの原稿用紙に書き込むという、作文力が必要になるのです。5W1Hをしっかりと意識してこそ、読書感想文は書くことが出来るようになるのですが、それがとても面倒くさいということで、ワンパクどもは、何とか書かずにごまかそうと、暴れまくるのが定番となっているのです。しかしながら、選択課題だからといって、これを書かないまま夏休みを終わるのは、能力を伸ばすチャンスを捨てているようなものですから、勿体ない話なのです。是非チャレンジしていただきたいと思います。
読書感想文がなんとか書けるようになったら、今度は読書感想文を自分で発表するプレゼンテーション能力が要求されます。わかりやすく聴衆に説明をするのも重要なのですが、皆の前で堂々と発表する度胸や話術もまた重要なのです。

ところで、「ダ・ヴィンチマップ」の例でも説明したように、頭の中の情報を図にすることは、自分のアイディアや考えを纏める上で非常に重要なプロセスなのです。そのような能力を日頃から養うためには、毎日の絵日記なども有効になってきます。 絵日記なら幼稚園児や小学校1年生からでもできると思いますので、習慣化することをお薦めします。
しかしながら、いきなり絵を描けと言っても描けない子ども達は多いと思います。特に保育園児は、集中的に何かに取り組む時間や、ものを書かせる巧緻性教育があまり行われていないので、なかなか器用に色鉛筆やクレヨンを使えないかもしれません。
ですから日頃のいたずら的な落書きやお絵かきが、とても重要になってくるのです。最近の子ども達は落書きをするチャンスすら少ないですから、かなり欲求不満がたまっていることもあります。
私の教室の小学生は良くホワイトボードに落書きをしますが、ダメだと言ってもやめません。落書きをして育ってこなかったツケが出てきているのだと諦めています。
塗り絵遊びのようなことも、子どもたちの「プレゼンテーション力」を高める上で、十分な経験が必要なプロセスだったのです。

そして、私がブログに書いている毎日のテーマを必須課題だと意識して1番から365番まで実行してみてください。それらをやり遂げた先には、お子さんたちの大きな成長と進化がカタチになって現れて来ている筈ですので、それを楽しみに毎日のテーマとその課題に、お子さんと一緒になって全力で取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

名所見学 86

次の記事

図解力 87