ヴィジョンとは 44

「ヴィジョン」とは、「将来のあるべき姿を描いたもの、将来の見通し、構想、未来図、未来像。」のことを表します(大辞林)
例えば、「組織のビジョン」とは、「自分自身やチームメンバー、会社の将来の理想像や未来の光景」「成し遂げたいと思っているゴールや目標を手にした瞬間の映像」といった、将来なりたい姿の状態や光景のことであり、自分自身が実現したいことや実現した時のイメージをクリアに描いた「未来の青写真」である、と言うこともできるでしょう。
ヴィジョンには、人や組織を前進、成長させる力があります。「ヴィジヨン」は目に見えないので、「ヴィジヨン」を誰もが目で見える形で示してあげなければなりません。
もし人々が、その「ヴィジヨン」に感動し、心が動けば、行動となってついてくるからなのです。ですから「ヴィジヨン」は、人々がワクワクドキドキし、感動するものであることを要求されます。
また、人々を感動させるには、人の心が読めなければなりません。
人の心も、目に見えないので、満面の笑顔や表情、発言から心を読まなければなりません。
見えないモノが見えないモノを動かすのですが、その結果を多くの人が目に見える形で表すことが出来れば、大成功に繋がるのです。
子ども達がそのようなリーダーとなれるよう、人の心の痛みが分かるような人間に育ててあげて欲しいのです。
人の心の痛みが分かれば、人の心の動きにも関心が持てるからなのです。人の心を動かせるような人間になることは、一つの大事な理想です。そして、その方向性とそこへ向かう理由も納得させなければなりません。そういう意味では、未来の様子や広い世界を見渡せる視野を持ったこそ人材が、リーダーにふさわしい人材だと言うことなのです。
人々に、大きな夢とヴィジョンを堂々と語れることも重要な役割なのです。そのためには、日頃から1分間スピーチなどで、自分の意見を簡潔にまとめて発表し、人々の共感を得られるよう訓練しておかなければなりません。1分間と言う時間は、実際にスピーチをするととても長く感じられます。一方では、たったの1分間で言いたいことを全てわかりやすく発表するのも、難しいことなのです。もし1分間スピーチが上手にできれば、10分間のプレゼンテ-ションもできるようになり、それができれば、1時間であろうと、大勢の聴衆の前で講演をすることも難しいことではなくなるのです。
しかしながら、人々の共感を得ることはそんなに簡単ではありません。ポジティブ思考で、人々の心が振動するようなスピーチができるように、努力し続けることがとても大切にはるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

演繹法と帰納法 43

次の記事

大志のまとめ