柔軟性トレーニング 39

柔軟性トレーニングを実践している「ワールドウィング」は元メジャーリーガーのイチローさんを始め一流のアスリートが集まるトレーニングジムなのです。
特徴は、しなやかな動きと柔軟性の増大を追求していることです。初動負荷トレーニングと言われ、1981年創立以来、数多くのトップアスリートを輩出し、そのフォーム作りや故障の改善につとめてきました。
このトレーニングは、神経と筋の機能に着目し 、その協調性(反射機能)や相互作用を高めることを可能にしたトレーニングなのです。
余計な力みや緊張がない状態でおこなう運動なので、しなやかで精緻な動作を追求する上で非常に有効です。
トレーニング毎時に、柔らかくなる体を感じられるようになれます。
初動負荷理論に基づいて独自に開発したB.M.L.T.カムマシーンRを使用するので、大きな力を使わないことが特徴になります。
トレーニングの具体的な効果としては、神経筋機能の促進、筋の柔軟性向上、血流や代謝の促進、老廃物の除去、身体の歪みの矯正、関節可動域の拡大、関節や筋肉のストレスの除去、スポーツなど競技場面における瞬発力やパワーの向上、怪我や故障の予防・改善にも役立ちます。
また、さまざまな疾病の予防・改善にも効果的です。
このトレーニングにおける動作形態では、疲労物質が速やかに除去されることも特記されます。
そのため、疲労の蓄積や筋肉痛なども起こりにくく、日常生活や仕事で疲労のたまった方のリフレッシュにも、競技に携わる方のストレス除去にも、有効な事例が数多く見られています。
一方で、もしトレーニングジムに通う時間とお金の余裕が無い方には、家庭でのストレッチングをお勧め致します。自宅、ストレッチ、股関節等で検索してみると、色々と練習方法が出てきますので、自分に合ったトレーニングを探してみてください。

そして子ども達には、先ずは耕運機の練習からお勧めを致します。
私の息子も、幼児の頃に耕運機(手押し車)が大好きだったので、時間を見つけてやってあげてました。
あっという間に、腕力と持久力が付き、部屋中をぐるさ何回も動きまわり、支える方が疲れてしまうようになります。腕力が付いて来たならば、次には逆立ちです。
たとえ体力、運動能力、ともに平均的だと思われる子どもでも、ヨコミネ式幼稚園でやっている逆立ちを是非真似をしてみてください。
例えば、3歳9ヶ月の子どもでも逆立ちができるようになります。3歳児でも手押し車やブリッジがら教え始めて、練習を続けてみてください。
最初は頭を地面につけて逆立ちする三角倒立をやらせてみて、バランス感覚と腕の力が付いてくるころには、上手に逆立ちが出来るようになります。
是非、親子一緒に練習を始めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

縄跳び 38

次の記事

愛国心を持てる